ABCシリーズ第三弾[音楽]
大阪での本番は6月以来で4ヶ月ぶりになります。実はシューマンの1番「春」は演奏したことがないことに、先ほど気がつきました。シューマンの交響曲はベートーヴェンやブラームスなどと並べて、学生の頃から必死に勉強しましたし、指揮科での題材に上げられることも多数ありました。1番もよく振った覚えがあったので、オケとの演奏会でやったことがなかったなんて、考えもしませんでした(汗)

というわけで、初お披露目です。大好きな曲の一つで、この時期なんで春?とツッコミもあるかもしれませんが、まぁいいじゃないですか(笑)名曲ですし、この際思い切り楽しんでください。

マンフレッド序曲は過去に何度か演奏したことがあり、その度に悩まされながらも背筋がゾクゾクしながら演奏させていただいてます。名曲だよなぁ、これは。

そしてもちろん「運命」は自分たち指揮者にとって、巨大な難関です。いろんなところで何度も告白していますが、毎回振らせていただく度に恐ろしい曲だと感じます。今回も楽譜を見ながら、とてつもない作品だと再認識し、またスコアを開く度に新たな気づきがありました。18日にどんな演奏になるか楽しみです。

そして僕の尊敬する矢野輝弘選手と阪神タイガースがクライマックスシリーズで中日ドラゴンズと戦います。僕の「運命」の日が初戦です。勝利を祈ってみんなで応援しましょう!



 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。