音楽至上主義・第4回目[練習]
最終回の練習が終わりました。明日が本番です。小松亮太君、最高ですよ!そして、後半のバーバー・ADAGIOから、ストラヴィンスキーの火の鳥1945年版はステキです。よく演奏されるのが1919年版の組曲ですが、今回の45年版は19年版に数曲足されていて、物語がよくわかる仕組みになっています。シリーズ最終回に相応しい曲だと思います。是非ご来場くださいませ!

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。