七夕[日記]
34年前、僕が5歳だった頃、七夕の日に母が笹の葉を買ってきてくれた。生まれて初めて願い事を書いて、飾り物をたくさんつけて居間に飾った。大きな笹の葉、かっこよくて、ずーっと眺めていた。2、3時間がたったころ母が「そろそろ流しにいこうかぁ」といった。え?流す?何を?どこへ??

そう、川に流しにいくわけですが、僕には全く理解ができなかった。なんでなん?こんなきれいな笹の葉を川に流すなんて。。。流すと願いが叶うとか、いみがわからない。川縁にいくと、同じように流しにきた家族がちらほらいて、僕は「あぁそうなんや」と納得したくなかったけど、黙ってその光景を見守っていた。

そしてそのときがきた。僕はなんで?なんで?と言いながら泣きじゃくった。ただただ悲しくて、さみしくて、泣きまくった。

何年たっても、あの笹の葉とのお別れの瞬間は忘れられない。月明かりに照らされた川はすごくきれいで、ざーっという川の音が耳から離れない。流れに乗って、きれいに着飾った笹の葉がどんどん遠ざかっていく映像が強烈な印象として目に焼き付いていて、いまでもこの時期になると思い出します。

今日は僕が尊敬するグスタフ・マーラーの誕生日。うちのオケでは「巨人」の練習が始まっています。ゲスト指揮者のゲッツェルさん、前回の登場でウチのオケには大好評。すばらしい定期演奏会になること間違いありません。10日の演奏会には伺えないのですが、遠く金沢から爆演になることを心から祈っています。あぁ聴きたかったぁ。。。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/123039163
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。