ミサソレと40歳[日記]
いまさきほど40歳という年齢を迎えました。ただ、それに気づいたのは夜中1時前。実はミサソレの勉強に没頭していて、まったく気づかず。ヨメサンは僕の周りをうろうろしていたそうなのだが、それにも気づかず(笑)僕が勉強中は絶対に邪魔をしないので、声をかけなかったらしい。まぁ、そんなわけで、40歳になった今、実感ゼロ。昨日買った本の中に、10歳引いて考えると余裕が生まれるとあったので、まずは鵜呑みにして生きてみようと思う。

しかし、何歳であろうが、音楽に対しては真っ直ぐに、そしてとにかく勉強あるのみ。良い50代、60代を過ごすために40代をどう歩くのか(走るのか?走らされるのか?)考えてみます。必死に生きているうちにあっという間に50歳になってしまうんだろうなぁ。そんなことも、すべて楽しみながら、家族を大切にしながら、自分の時間も少し持ちながら、社会の中での自分の役割を果たし、「本当の大人」の仲間入りが出来ればと思います。

そうそう、世の中の40歳の方々、これからどうしますか?40代を終えた方々、どんな時間を過ごされましたか? そしていままさに40代まっただ中の方々、今どんな感じですか?いろいろお話聞いてみたいなぁ。


ミサ・ソレムニスはベートーヴェン後期の大作で、1823年頃に完成されました。40代から難聴が激しくなり、53歳の頃には何も聞こえていないわけです。とんでもないことです。音の無い世界で生きた時代に生み出された、多くの偉大な作品を演奏させて頂いていますが、ミサソレほど痺れる曲はありません。ベートーヴェンが人生の終わりに近づき、死を意識し始めた時に、ここに行き着いたのかもしれません。あくまでも想像の世界ですが。

13日から練習です。神奈フィルと一緒に記憶に残る演奏にしたいと思います。

コメント

お誕生日おめでとうございます!
奥様がウロウロ、文章から様子が見えましたよ〜〜〜。
これからもお身体に気をつけてね!
おばちゃんも頑張ります。

おばちゃん
(2010-01-12 09:14)
お誕生日おめでとうございます。
健康に気をつけて40代もお元気に活躍されることを願っています。
同じ時代を私も前向きに頑張ります。
いつも応援しています。
はちべい
(2010-01-12 13:20)
お誕生日おめでとうございます。
私も今年40歳になります。
私の40代は、初めての妊娠、出産・育児+やりたかった仕事と新しいことばかりですが、20・30代の経験や知識が生かされる10年間になるのではないかと・・未知の世界ですが楽しみにしています。
ところで、「40になったら自分の顔に責任を持て」という諺のとおり、良くも悪くも晩年に差し掛かってきていて、顔に年輪が刻まれていくわけですが、自分の行動に責任を取るだけでなく、知識や経験が顔に表れるそんなふうに素敵に歳を重ねていきたいと思っています。

今まで無意識に無理してきたことが徐々に出てくる40代、身体をいたわりつつ、一休みしながら竹の節のように強くなって成長し続けてくださいね♪
まるな
(2010-01-12 17:22)
お誕生日おめでとうございます。
豊かな40代をお過ごしになりますように♪
16日のミサ・ソレムニスとても楽しみにしています。
tantan
(2010-01-12 18:05)
お誕生日おめでとうございます!
金さんが120歳まで長生きするよう願ってます笑

16日のミサソレ見にいきますvv
楽しみにしてます^o^
(2010-01-12 19:50)
聖響さん、お誕生日おめでとうございます!

私は5ヵ月前に40歳になりました。“2回目の成人式”なんだなぁ…といろいろ考えてみましたが、気負わず自分らしくこれからも生きていけたらな…という結論に達しました(^^;)

公開リハーサルのどれかと16日本番、観に行きます。

聖響さんの40代初指揮、楽しみです(^-^)
ねこゆみこ
(2010-01-12 22:02)
お誕生日おめでとうございます。
音楽聴きに行くも美味しいものを食べるも、
何をするにもやはり健康第一だなぁ…と意識するようになりました。
(来年40代に突入するものですから)

心身ともにご健康で過ごされますことをお祈りしています。
ヒロコ
(2010-01-12 22:55)
お誕生日おめでとうございます。

40代に突入した頃がなつかしいです。 でも、
50代でも、好奇心旺盛、「Yes,I can!」です。
聖響さんの生演奏に喜びを感じます!
ありがとうございます!

10日の新世界、例年にもまして素晴らしかったです!今年もご健康で活躍されますように!
ミチル
(2010-01-12 23:38)
お誕生日おめでとうございます♪
両手いっぱいの愛と 幸せに溢れた1年でありますように…^^*
感動を伝えたくて…
聖響さん ありがとうございました♪
私にとって 今年初めてのコンサート♪年年進化されていく新世界..
タクトを下ろされるまでのあの空間..会場いっぱいに広がる拍手!!
あちこちからブラボーの嵐が(私も叫んでいました^^*)…聖響さん、届きましたか^^:
あの時の聖響さんの笑顔 最高に素敵でした*^^*
とりわけ今年は、私にとって最高!応援している関西フィルで聖響さんが指揮をしてくださる!!関西フィルの甘く切ない、優しい音色に加えて 4楽章にいたっては 力強さも加わって.最高に幸せな時間でした*^^*クワイァ席から見る聖響さんと関西フィルとのコンタクト..普段後ろから見ることが出来ない指揮姿にうっとり..ビデオに撮って残したいくらいでしたよ^^*同じ曲でもオーケストラによって、指揮者によってこんなに違うということ
今日また再確認した私です^^:今年 聖響さん&関西フィルで何度も聴けるという事とても楽しみにしています♪

幸せな時間をありがとうございました♪ 
聖響さんのベートーヴェン5番が大好きなkeikoより
恵子
(2010-01-13 10:34)
40代、おめでとうございます。
遠くから応援してますよ。
10年後、20年後に、いい大人でいたいですね!


(2010-01-13 11:12)
私の新年恒例行事「新世界」、今年め楽しませていただきました。
アンコール、さすがです怒り(ムカッ)
OVER30になった私ですが、40歳の自分って、どんな感じなんやろ?
楽しみなような、怖いような…
今年も陰ながら応援させていただきます~
よしよしこ
(2010-01-13 12:16)
聖響さんのコンサート・・
またオーケストラそのものも20代最後の歳で初めて聴きにいきました。
聖響さんの影響でオーケストラに興味を持ちました。

初めてなのでいい席でと思い 間近で鑑賞させていただき、とてもすばらしく感動しました。
演奏や指揮はもとよりあのホールの中の一体の空気が素敵でした。
これを機にまた伺いたいと思います。

お誕生日、本当におめでとうございます。

マミ
(2010-01-13 14:38)
お誕生日おめでとうございます☆

不惑の40、迷ってばかりです。
聖響さんにとって、濃く実り多き一年となりますように!
(2010-01-13 23:43)
お誕生日、おめでとうございます\(^▽^)/

ただ今、40代ど真ん中です。
体力は少々衰え気味ですが、気力はまだまだ(かな^^;?)。
見た目を取り繕う事を止め、「外だけ誤魔化している場合じゃないわ!」とばかりに、自分の事に時間を割いてます。

30代には感じ得なかった感情も。
色々な事象に気持ちが動かされやすくなりました。
ちょっとした出来事に、感動してしまう自分が居ます。

あっという間の40代でしょうが、毎日を楽しみたいですね。
mueitou
(2010-01-14 00:07)
お誕生日おめでとうございます!

私は今年30歳ですが、聖響さんの日記を読んで40歳にはどんなこと考えてるのか…と思って読みました。

聖響さんのように、40歳になっても音楽大好きでいたいです。

これからも素敵な聖響さんの音楽楽しみにしてます
まき
(2010-01-14 21:55)
お誕生日おめでとうございます。

私も年末に40になったばかりです。
人生の折り返し地点と思っていたので
やはり特別な思いがありました。
聖響さんは、3分の1と思っているとのことで
やはりすごい方だな〜と思いましたが、、、(笑)

40歳は余裕がでて、いい年代らしいので
まだどんな感じかわかりませんがそうなるように
毎日大切に楽しくすごしていきたいです。

12月にOEKの定期公演、第9を聞きに
いきました。以前みた「VERY]という
雑誌のインタビューで、
「クラシックはみんなにきいてほしいとは
思っていない、クラシックは人を選んでしまう
けど、ほかの音楽がいらなくなるぐらいの
魅力がある」との記事をみて、どんな
指揮をされるのかすごく興味があったのですが
すごく感激して、聞きにいけて幸せだな〜って
思い、しばらく第9ばかり聞いていました。

聞く音楽がかわるっていうのは
人生観がかわるぐらい大きいと思います
私はそのマジックにかかったようです。
クラシックばかり聞いています。
奥深い世界です。


ラ・フォル・ジュルネ金沢、今から楽しみにしています。

kyoko
(2010-01-27 21:53)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。