KPO+Missa Solemnis[本番]
ベートーヴェン:ミサ・ソレムニスの本番が終わりました。あっという間の時間。でも、充実。Kyrieの一声が出た時に最中がぞくっとした。Gloriaは一気、難解なCredoも素敵な瞬間が沢山あり、Sanctus、Agnus Deiはお話のように語りかけてくれました。集中力が高いレベルにあると時間の感覚がなくなります。僕の良いときはそうなんですが、昨夜の終演後たくさんの方に声をかけていただいた様子を見て、あ、ベートーヴェンに怒られないような演奏はできたのかな、と思いました。関係してくださった皆さん、大変お疲れ様でした。僕のひつこい練習につきあっていただいて感謝申し上げます。

神戸淡路大震災から15年が立ちました。昨日のミサソレ、僕の心の中では被災された方々、そのご家族の皆さんに届けばという想いをもって演奏させて頂きました。音楽家が社会のためになったり、なにか出来ることなんて、本当に小さいことです。少しでも皆さんの心が柔らかく、少しでも暖かくなるように、良い音楽をしていきたいとおもいます。

コメント

本当に生涯印象に残る心に響く演奏でした。
いろいろなことが頭の中をめぐりました。
石田さんの奏でる素晴らしい音色が涙を誘いまた。
バーデンにある「ベートーベンの家」・・・昨夜から検索しなんとなく位置がわかりました。ありがとうございました。夏になりますが、見学した感想をご報告させて頂けたらと思います。
川端真澄
(2010-01-17 12:24)
行きました!お疲れさまでした!
肩が痛そうにしてましたが大丈夫ですか?

パンフレッドにサインも貰えて嬉しかったです。
緊張しすぎて「誕生日おめでとうございます」というのを忘れてしまいました。

演奏中、感動しすぎて涙が出ました。

そういえば、サイン貰うのに並んでいた時前の人達がベートーヴェンが作曲していた場所の話をしていましたが、私も機会があれば見に行きたいなと思います。
(2010-01-18 01:54)
聖響さんのブログと演奏会にいらした方のコメントで素晴らしい時間だったことが伺えます。
音楽を通してたくさんの人の心に幸せな気持ちが広がりますように。
私は病む人の心に穏やかな時間を刻むことができるように今年から魂のケアについて学びたいと思っています。
聖響さんを通して音楽は全てを受け入れるという意味が少しだけわかり始めたような気がします。

やはり聖響さんの演奏と言霊はスゴい威力です!
はちべい
(2010-01-18 22:04)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

 指揮者・金聖響さんの30代最後の演奏を聴いたのが、10日のこと。  新年早々、最強にして最高の「新世界」を聴いて、大満足♪  ……...
このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/138535979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。