神奈川県立音楽堂シリーズ[本番]
みなさん、こんばんは。いかがお過ごしですか?Twitterでは毎日のようにつぶやいていますが、こちらはちょっと間隔があいていしまいました。先週からずっとうちのオケと音楽しています。今日は音楽堂シリーズの初回でした。良い時間でした。かなり興奮しました。お客さんにも喜んで頂いたようですし、オケも笑顔で良かった。みんなが幸せそうな顔をしているところにいることが幸せです。いやぁ、ほんと、楽しかった。メンデルスゾーンの1番は良い曲だなぁ、と全員でわいわい言いながら練習していましたが、ホントに素敵な曲です。他によく演奏される曲ももちろんいいのですが、原点ですねぇ1番は。ストレートで迷いが無く、澄んだ響きに魅了されました。特に3楽章のトリオは絶品。シンプルなハーモニーの中に歌があり、ゾクッとするんですよ。とにかく美しい。。。そしてシューベルトの大作グレートは巨大でした。危ういほどの繊細と力強さが共存している。C-DURって気持ちいいですね。ウチのオケ、ホントに頑張ってました。きついプログラムでしたが爽快感と達成感に満たされています。ご来場頂いた皆さん、雨の中本当にありがとうございました。次回に期待してくださいね。あ、もちろん来週のみなとみらい定期も是非ご来場くださいませ!!

ちなみに、県立音楽堂、本当に素晴らしいホールです。なんでしょう、あの響きの良さは。ライブ感があり、ダイレクトに音がお客さんに届くのが、僕たちに音楽家にとっても心地よいのです。PPを演奏しているときの緊張感も、思い切り体重を乗っけて弾ききるFFも全て直接的で気持ちが良い。こういうところで沢山練習し、より多くの本番をやりたいなと思います。来年はシューマンでもやるかな!!どうでしょうか?!

コメント

聖響さん 神奈川フィルの皆さんの熱演すごかったです。本当に素晴らしい音楽会でした。音楽っていいなぁと心底おもえました。ありがとうございました。聖響音楽堂シリーズは素晴らしい企画ですね。メンデルスゾーン シューベルトの曲を集中して聴けるなんて 中々ないことなので 嬉しいです。あと3回たのしみです。
百日紅
(2010-03-06 23:51)
来年とおっしゃらず、今年にも是非!<シューマン
葉月
(2010-03-07 02:05)
 何カ月も前からシリーズのチケットを買って、聖響さんの指揮を楽しみに待っていました。前から2番目の席で金さんの額の汗や息遣いまで感じ、もう感動でいっぱい。帰りに「ロマン派の交響曲」買いました。
 特にシューベルトの大作「グレート」は1時間近い演奏なのに、興奮・緊張・興奮の連続で少しも長く感じませんでした。クラリネットがあんなに素敵な楽器だったなんて。。。
 神奈川フィルは何度も聴いていますが、楽団の底力をあれ程までに引き出す金さんって、本当にすごいです!どの楽器もがあちらこちらで自分のパートをしっかりと語りながら、全体としての均衡を保っていて。。。交響曲って本当に素晴らしいんだな、と改めて感じさせていただきました。
 次回からはもう少し後ろの席になりますので、また違った音の響きと金さんの指揮を楽しむことができると思います。今日は本当に有難うございました。
hanaotojikan
(2010-03-07 02:07)
シューマン 是非演奏してください。
協奏曲もね。
2月に、阪さん指揮で、シティーフィルのシューマン4番を聴いてきましたが、よかったです。
聖響さんの指揮でも 是非聴きたい。
メンデルスゾーン いまひとつ苦手で、音楽堂シリーズは、買ってなかたんですが、行ってみようかな。 
神奈川フィルと聖響さんの音楽の世界に身を委ねて メンデルスゾーンを聴いてみるのもいいかも。
皆さんの感想&聖響さんの報告を読んで、そんな気持ちになりました。


(2010-03-07 20:05)
土曜日の演奏見に行きました。
早めにチケットを予約ため最前列で演奏が聞けて良かったです!
石田泰尚さんの演奏が過激すぎて弓が何度か弦じゃなくてヴァイオリン本体に当たってたり弓が切れちゃったりしたのが残念でした・・

今後も聖響音楽堂シリーズ楽しみにしています!
明日と明明後日は公開リハにお邪魔しようと思います^^
もちろん本番も見に行きますが・・・!
Kiriya
(2010-03-08 12:14)
 今回2度目の投稿です。。。と言うのも、今日財団法人神奈川フィルハーモニー管弦楽団から、宅配便で封筒が届いたのです。何だろう?と開けてみると、何と金さん直筆のサイン入り色紙ではありませんか!先日伺った音楽堂でのコンサートの時にアンケートを書いたのですが、抽選に当たったのだそうですよ。いつもくじ運が悪いので、もうビックリ〜!早速わたしのデスクに飾りました。
 「ロマン派の交響曲」に何度もベートーベンの運命の話が出てくるので、CDの方も買いました。オーケストラ・アンサンブル金沢と演奏を作り上げていく過程がセットのDVDに収められていて、演奏を聴くのは好きだけれどクラシックの知識のないわたしは、大変感銘を受けました。(実は、わたしも大阪出身で、金さんが同時に話すコテコテ大阪弁とバリバリ英語に絶妙な落差?があって、ニ〜ンマリ&親近感)
 曲に対する指揮者の解釈で、演奏が随分と違ってくることも、本を読みながら理解することができました。曲が作られた時代背景や作家の置かれた環境が及ぼす影響も大きいのですね。これからはコンサートの前に、曲のエピソードもちょっと調べていけば、今までとまた違った聴き方ができますね。次回は、シューベルトの「未完成」とメンデルスゾーンの「宗教革命」。「ロマン派の交響曲」読んでいれば、バッチリですね。
 金さん、このコンサートで、沢山のことをプレゼントしていただいて、本当に有難うございます。重ね重ね感謝です!
hanaotojikan
(2010-03-13 20:56)
聖響さんへ ラフォルジュルネ金沢でのシューマン&メンデルスゾーン、期待して待っていますほっとした顔4?歳の今まで洋楽しか聴かずOSAKAドームのBON JOVIライブで弾けていた私がM聖響さんの公演を見てかなりの衝撃を受けたようで…クラシックにも興味が出てきた今日この頃です。昨年12月のOEK第九公演CD化も待ち遠しいです…白山市の第九から早一ヶ月たちました。あの感動をもう一度味わいたいです。P.S.保育園のクラスの子供達に、先生、ポスターのお兄ちゃん(聖響さんの事です)の歌の練習はもうないの?と毎日聞かれてます。保育の中でもはしゃいでたみたいです(笑)
ありちゃん
(2010-03-14 09:28)
聖響さんへ。五月のラフォルジュルネ金沢での演奏会楽しみにしています。コメントとは話題がずれるのですがうさぎこの胸いっぱいの愛を…を見ました。とてもせつない話しですね。四年前の聖響さんを見る事が出来て嬉しかったのですが…次項有クラシックの事は、まだまだ?ですが、色んな曲を聴いて見ようと思っています。
ありちゃん
(2010-03-15 23:33)
こんにちは。初めてメールいたします。
私は、大阪府で吹奏楽団の指揮をしている27歳で、先日、演奏会がありましたが、大成功で終わりました。
私は、20歳から、指揮をさせて頂いておりますが、最近やっとメンバーとの信頼関係が出来つつあるかなと、少しではありますが、手ごたえを感じております。
金先生の演奏はセンチュリー専任指揮者の頃に、何回か聴かせて頂き、毎回熱いものが伝わり、感動して聴かせて頂いておりました。
金先生に質問ですが、指揮者にとって、必要な事は、ずばり何でしょうか?メールでの質問で、失礼かとは思いますが、ご回答頂けると有難いです。
何卒、宜しくお願い致します。
どいひろよし
(2010-03-17 14:22)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/142931731
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。