新シーズンスタート[日記]
IMG_0135.jpg

日本の新シーズン開始は4月。欧米では9月です。僕が首席指揮者として就任させていただいたフランダース交響楽団のシーズンがスタートしました。神奈川フィルとは明日からはじまります。10日の定期演奏会の練習初日です。一番緊張する日。その前日である今日は、朝から落ち着きません。緊張するのはいつもの事ですが、定期演奏会は数少ないので特に気合いが入ってしまいます。気合いが入ると一生懸命になるので、あーでもないこーでもない、と余計な事も含めていろいろ考えてしまいます。しかし、無駄なことは一つもないので、こういう緊張の時間は貴重だと思っています。

楽譜の最終チェックを朝からやっています。気がつけばお昼。午後は少し頭をスッキリさせるために、軽食を食べた後に運動をして少しお昼寝をします。夕方から再度スコアと向き合う。毎日こういう時間の積み重ねが、楽しくもあり、音楽家としてしっかり生きているな、という実感ができる瞬間です。

コメント

こんにちは。
朝、なにげな〜くNHKテレビを付けたら、なんと
聖響さんが喋ってて、「おおっ!」と釘付けになっちゃいました。
小澤さんへのコメントをだされてましたね。
「旋律にあわせて自然に流れるような・・・」という
内容でした。
定期演奏会も楽しみですね。
ガーニィー
(2010-09-07 22:39)
はじめてコメントさせていただきます。

9月になったというのに、酷暑の名残りが続いていますね。
お元気なご様子のコメントを拝見して嬉しく思っています。

新シーズンスタート。ですね。
スコアのチェックや練習。お忙しい日々かと思いますが、
お体にご負担をかけないよう頑張って下さい。

10日の神奈川フィルの定期公演、心待ちにしておりました。
聖響さんが、どんな音色をきかせてくださるか、楽しみしています。


hiroka
(2010-09-07 22:52)
今日のコンサートも素晴らしかったです。なんだか、オケの存続の危機によって前より全体がレベルアップした演奏になっていたと思います。私はコンサートにあまりお金を使えなくなってきてしまったので三階の方で見させて頂きましたが、長時間の指揮振りは痛いと思うのでちゃんと休んで下さいね。そして、新しい就任の方も頑張って下さい。

ついでに、送られてる(はずの)手紙の返事を返して頂ければと思います。
Kiriya→さき
(2010-09-10 23:02)
10日の演奏会に感涙しました。

協奏曲に交響詩という、エネルギーの分配の
難しそうなプログラムを聴かせていただいて、
とても濃厚な時間でした。

ベートーベンの2楽章の出だしの音の分厚さに
神奈川フィルってこんなに低音がしっかりしていた
かしら・・・なんて偉そうに感じてしまいました。

シュトラウスは、山本さん柳瀬さん石田さんの
トリオをオーケストラが盛り上げている印象でした。
風がうなる場面は、映画音楽を聴いている様で、
それぞれの場面の描写が聖響さんの細やかな
表現で際立っていましたね。

久しぶりに(すみません。。。)
神奈川フィルの定期にお邪魔して、
あんなにパワーアップしているとは、
これからも目を離さず、足を運ばせて頂きたく
思います。

素晴しい演奏会をありがとうございました。
ちあき
(2010-09-13 13:39)
金聖響さん、いつも楽しんで感動いたしております。

今日の鎌倉芸術館は今まで(今日で92回目)に無い感動でした。
先週のベートーベン、ピアノ協奏曲4番も好きな曲で良かったですが、今日のブラームス、二重協奏曲は格別でした。

一糸乱れずピタッと決まる切れ味は楽団員であるソリストを全員が愛しているからこそ、と思いました。

ブラームス最後の管弦楽だけに重厚で深い完成度を感じますが、それ以上に矢部さんと古川さんとオケの絶妙な、隙の無い一体感が痺れました。

お二人とも才能溢れる演奏で十分世界を魅了出来ますし、若くてイケメンですし聖響さんと3人共カッコ良かったですよ。やはりクラシックライブはPopです。

とにかく素晴らしい演奏で感動しました。ありがとうございました。

野崎拝上
(10月11月と空いてしまいますが神奈川フィルの第九はGet済みです。今年はお願いします(^_-)-☆
同じAvexの辻井さんとのコラボも期待しています。
蛇足ですがAvex Marketingの会長さんと個人的に親しいのでお願いしていますが・・・・)

野崎裕司
(2010-09-19 00:42)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/161719498
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。