BRSO+Daniel Harding in Munich[音楽]
IMG_1260.jpg
昨夜の本番のプログラムはベートーヴェン「皇帝」とバルトーク唯一ののオペラ「青髭公の城」でした。ナレーター、ソプラノ、バリトンの3人。1時間15分くらいの短いオペラ。ダニエルは数年前にラ・スカラで演奏して大好きになったそうで、是非彼と相性の良いバイエルン放送響と演奏したかったでそう。彼にとって念願叶ったステージ。配置は通常配置、ビブラートはかけるかけないをうるさく言わないで、彼等の持つ「引き出し」を自由に解き放った素晴らしいバランス感覚の伴奏。Paul Lewisさんというブラボーなソリストは細やかで、フレーズ感と和声感が素晴らしかった。DHの伴奏はびたっと寄り添うように、ピアノの音色に繊細に反応するオケのいきたい方向を促邪魔せずに、でも、しっかりDHカラーを出す超絶職人芸。凄かった。まじで。僕が言うのもなんだけど数段ランクアップしてる。後半のバルトーク、正直知らない曲でハンガリー語だったから難しいかなぁと思ったのだけど、ドイツ語の対訳がシンプルなドイツ語だったので僕のレベルの低いドイツ語の知識でもあらすじは追えました。音楽が圧巻。ソリストが強烈。DHの作り出す世界観はほんとに脱帽だった。またやられたよ、こいつに。凄いね、DH。最高。毎回驚きがあるよ、おまえさんの本番は。勉強になる。ありがとう。バルトークのオペラ、やってみたくなった。あぁでも日本じゃ受けないだろうなぁ間違いなく(笑)客がまず入らないだろうな。。。聞いた充実感もあったけど、素直に興奮した。終わってすぐにDHに会いに行く。ピットで演奏しているほうが、曲の良さが伝わったかも、と一言。ステージの上に全員が一緒に居ると、なんだか音楽を邪魔しているようで気になった、と彼には珍しい事を言っていたのが印象的だった。存在感ばりばりでしたよ、DH。でも全く邪魔していなかったから心配なし。音楽と完璧にシンクロする業は、誰がなんと言おうと神懸かってるからね。MCOのツアー楽しみになってきました。あ、その前に新日振りに行きますね。練習のぞいてみよう。皆さんもいきましょうね。きっと素敵な体験ができるとおもいますよ。

コメント

音楽と『完璧にシンクロ。。』する演奏は好き。

ドイツよりの興奮&感激に感染して(笑)!?
聴きに行くかナ。。
victoria
(2010-11-20 11:27)
青髭公、興味有りますよ!
確か関フィルの演奏会形式で数年前に取り上げられてたかと思います。わたしはオペラでも沼尻さん×センチュリーがびわ湖でされてるようなレアなものが好みなので、ぜひ日本でしてください♪

ハーディングさんは、HP上の映像でちらと拝見しただけですが、強烈なオーラなのかエネルギーなのか凄まじいものを感じて唖然となりました。
ミュンヘンに迎えにいらしたのはセンチュリーの太田雅音さんですよね!最初、も・・もしかして女性のお友だち!??ってちょっと嫉妬してしまったので、太田さんとわかってホッとしましたw
素晴らしいご体験の感動伝わってきました。
神懸り体験は、聖響さんでは、シンフォニーでのOEKとのブラームス4番、そしてセンチュリーとの「幻想」が2大体験です!あれは忘れられません・・

ハーディングさんもいつか聴きたいですが聖響さんでまた期待してますから!

素敵な旅の続きを・・★
まい
(2010-11-20 12:39)
聖響さん、演奏会お疲れさまでした。
私はド素人なので、専門的な事は分からないけれど、
聖響さんの興奮、感動が読み進むうちにどんどん伝わってきて、
鳥肌が立ちました。

遠く離れたドイツでの出来事を、
聖響さんが配信して下さるおかげで、
素敵な演奏会がある事を知りました。
聖響さんが日本でやりたい事、全部実現するといいですね。
聖響さんの熱いハートで。
簡単な事じゃないけれど、聖響さんならできそうな気がします。

聖響さんのブログを観てると、生の音が聴きたくなりますね。
来月、地元大学の吹奏楽部の定期演奏会があり、
ずっと行こうかどうしようか迷っていたけど、
行く事に決めました。


トモ子
(2010-11-20 23:43)
どこにでもマニアはいるものです(笑)。それでホールが埋まるかというと難しいかもですが、何かうまい方法があると良いですね(^^)。
ハーディング氏は、特に印象的だったのは幻想です。クラシックのコンサートに行って、あんなににやにや笑いがこみ上げてくるのは初めてでした(良い意味で!)。
フレーズが、というか、音そのものが、なんていうか、うごうご、生きモノみたいでした。次どう来るの?と、曲にシンクロして?心臓どくどくいわせながら前のめりになって聴いてました。
聖響さんが振った幻想もいまだに記憶に残ってます。多分、今だったらまた違った感じに振られるのではと思うのですが(結構前なので(^^;)、あの時の興奮もまたハンパないもので、しばらくフツーの幻想(←って何だ(^^;;)が聴けない!と思ってました。
…ご本人が失敗だと思ってたらどうしよう(^^;;。
SAI
(2010-11-21 01:35)
聖響さんへ。演奏会はもう沢山の場数を踏んでいるだろうけど聖響さんの文面を見ていると一回一回が新鮮でまた丁寧に、という感じがします。パワーアップした聖響さんに会えるのは来年の4月、金沢で。待ち遠しいです。
ありちゃん
(2010-11-21 14:58)
ブログやTwitter、ツイキャスなどで聖響さんが元気に日々をお過ごしであることが身近に感じられます…。今日からはコンスタンツですね。
新しい世界でのご活躍を心から願うとともに、早く日本に帰ってきてほしいという気持ちがどんどん大きくなっています(わがままですね(^^;;…)
12月大好きな兵庫の芸文ホールで聖響さんの生の演奏をたくさんの人と共有できることを楽しみにしています(*^^*)
何かを成し遂げてからではなく、その過程で人は成長するようです。親になるのではなく、子育てしているようで、子供に育てられている自分がいます。共に成長できる関係が私には理想です。余談ですが…(^_−)−☆

はちべい
(2010-11-21 21:36)
はじめまして。コンスタンツでの演奏会は、いかがでしたか?
先日ミュンヘンの日本食で揚げ出し豆腐、焼き肉etc..を聖響さんに運んだ者(笑)です。
この間おしゃっていたBRのコンサートとは、Hardingが指揮をしていたのですね。3月に彼の指揮でブルックナーの合唱を歌った時に、音楽と素敵に向き合ってる方だなと思いました。お友達だったとは。。
聖響さんもミュンヘンでも指揮をしてくださいよ!
毎日寒い日が続きますので、残りの滞在で風邪をひかないようにお気をつけ下さい。
*私は東響の佐藤君の友達で。。音楽の世界♪♪はみんなつながっていますね。
(2010-11-26 10:35)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/170001357
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。