Munich - Konstanz[日記]
R1003309.jpg

数日間のミュンヘンは有意義でした。DHの本番が聴けたり、美味しい和食屋さんで関西風のうどん(結構いける)やお鮨を食べることができたり、思いがけない人たちに再会したり。。。最終日はヴァイオリニストで以前共演したことのある佐藤俊介君と合流。電車の出発時間までランチ&コーヒーでお話。バロックバイオリンの勉強でパリからミュンヘンへ引っ越ししたそうな。バロックを弾く事で新たな発見が沢山あったらしく、かなり興奮気味に色んな事を教えてくれました。勉強になったー!そう、モダンにも大きく影響するし、楽譜の見え方もまた変わるんよなぁ。うんうん、納得。

4時間半(2回乗り換え)の電車の旅を満喫?してコンスタンツに到着。練習二日を終え明日本番です。がっ!ソリストのリプキンさんがなんと指の負傷で急遽キャンセル。午後の練習はなくなり、明日の朝の練習に代役の若いチェリストがベルリンから来る。いきなり合わせして、夜本番です。楽しみ。こういうのは緊張感があって良い。バッチリやりますよ。昨日オケだけドボコン練習しててよかった。コンスタンツは湖の側にある素敵な街。天気が今ひとつ(また雨ですよ、皆さん。期待通りでしょ)ですが、しゃーないわ。この時期の欧州はどこでも雨!てことにしておきましょう。

練習初日後に10年ぶりの再会をしました。学生時代にウィーンで一緒だったファゴットの児玉光生君!いやぁほんと久しぶりだった。なんと今回僕が振っているオケ(南西ドイツフィル)に年間の半分演奏する契約でいるらしく、今回の演奏会は乗ってないのが残念でした。ゆっくりランチをしてお話できました。ウィーン時代からそのままこっちに残って、ドイツの色んな街のオケでやってきている超ナイスガイです。一生懸命生きているのが励みになりました。みつお、お互いがんばろう!

26日の本番後はミュンヘンに戻り1日だけゆっくりして帰ります。しかしミュンヘン、ええなぁ。。。

コメント

楽しんでいらっしゃいますね(*^_^*)
素敵な演奏会になると良いですね!
mitsue
(2010-11-24 08:51)
身体には、気を付けて。 頑張れ!!
(2010-11-24 11:00)
日本も秋が深くなり朝の空気の冷たさは、
「あ〜もうマフラーは忘れられないワー」
と思う日々になってきましたよ。

ミュンヘンは行った事がないので、ちょっとモノクロな感じでコメントを読ませて頂いてます。
それには雨が似合うかも。。(笑)


昨日帰宅してからも…NEWSで漁船での島民脱出をみると胸が痛くなります…。
ただ韓国の方たちはとても冷静だそうです。

眠りたいのに眠れな〜い時に「めぐリズム」なるモノを使ってみたら、よく眠れて、今マイブームですw。

本番&本番後ともども、元気で!!
そして帰国へ。
忘れ物のないように。(*^_^*)

Victoria
(2010-11-24 13:51)
聖響 さま

ブログを拝見するたびに、まったく違う世界で過ごしている聖響さまに、ますます会ってみたいと思いました。
コンサートを見に会場へ・・・って事ですよネ!

世界を見ること、勉強になるっていいますよね。飛行機が得意なら、、、私も変わったかなー。

では、コンサートで会いましょう!
年内は、都内ありましたか??
2011年は、いつからでしょうか??




蓬 恵
(2010-11-24 15:25)
今は演奏会も終わりゆっくりされているでしょうか。
お疲れさまでした。
再会のお話しは読んでてジーンとしました。
お互いが自分を高める存在ってすごく刺激的。
また次の再会が楽しみでキね。
お気をつけて帰って来て下さい。
トモ子
(2010-11-25 14:20)
こんばんは、聖響さんのCD購入しました。アンサンブル金沢でのブラームス2番のものです。
すっかり、音楽から離れてしまっていましたが、やっぱりクラシックっていいなぁと思わせてもらいました。
今度は、生で聞いてみたいです。

私の大学時代の先輩が昨年アンサンブル金沢と共演したようでした。凄いな〜と思うと同時になんだか、私何やってるんだろう…と考えさせられちゃいました。

でも過去は戻ってこないので、今出来ること一生懸命やろうと思います!聖響さんはもうすぐ帰国なんですか?帰ってきたら、ゆっくり焼肉・キムチ食べて下さいね(^'^)
かいまま
(2010-11-25 21:03)
 初めまして。コメントをさせて頂くのは初めてですが宜しくお願い致します。私は中学・高校と吹奏楽部でフルートをやっていました。聖響さんがこの前出演されていた所さんの番組で吹奏楽の旅をみて久しぶりにフルートをもう一度吹いてみたく思い切って楽器を購入しました。ちょっとブランクがあったのでまだ感覚は戻ってないのですがそれなりに吹けるようになったら人前で演奏できたらいいなと思っています。初めから長々とコメント失礼しました。来月17日のコンサート見に行きます。楽しみにしています。お体に気をつけて演奏楽しんできてください。
カオリ
(2010-11-25 22:17)
初めてコメします(^o^)

なんだか世界を旅している気分にさせてもらってます!

まるこ
(2010-11-25 22:53)
佐藤俊介さん!あれは3年くらい前でしたね!ものすごく素敵な音色で、とっても印象的な公演でした。
帰りに佐藤さんのCD買っちゃいましたもん^^*
聖響さんのお話から、知ってる演奏家さんたちの話題が出てくるとすごく嬉しいです。
身近にクラシックの世間話できる人、いないですし;
しかも海外で会われたなんて♪

今日は餃子の王将の看板見て聖響さん思い出してました(笑)。
ツィッターでつぶやかれてましたが、大阪は超保守的なんですね・・シンフォニーの来シーズンのプログラム見て、シューマンの回、どうして2番か4番じゃないの!・・・って叫んでしまいました;
3番はもういいので(爆)2番か4番をぜひ関西でお願いします・・兵庫での4番がめちゃくちゃ最高におもしろかったので!
でも、1番も他の指揮者さん含めてコンサートでは初めてなので多分伺いますが・・。
来月のドヴォ7も非常に楽しみにしています。

 無事帰国されて早く王将食べれますように^^
まい
(2010-11-26 21:34)
聖響さんへ。音楽や人、色んな出会いがありますね。聖響さんのその時の心境が文面から凄く伝わって来ます。もうすぐ日本…ですね。お気をつけてー演奏会もそうですが、テレビで生聖響さんがみたいですー
ありちゃん
(2010-11-27 15:57)
先日、野球放送・(ロッテ)しているかなと思って、
テレビをつけたら、鹿児島情報高校・吹奏楽部が、
地元の番組?と思ったら、聖響さんが、びっくりしたまま最後まで拝見しました。
 一昨年、JBL2の試合に誘われて初めて行ったとき、レノバの中園隆一郎選手が情報高校の先生とのことで、試合前に演奏してくださり、こんなに上手い演奏を聴けるなんてと驚き、感動しました。
 聖響さん、鹿児島にも演奏会でいらしていただいて、霧島音楽祭などで、地元の若い方のご指導も
していただける機会を是非お願い致します。
 2冊の本、書店で目にして、
遅まきながら拝読致しました。
 特に「ベートーベンの交響曲」が好きです。
聖響さんの演奏で、2番が好きになりました。
7番、9番も好きです。
 交響曲以外についても、本を書いてください。
聖響さんの文章、大好きです。
ショパンについて、全ての曲について、色々なことを
教えていただきたいです。
  よろしくお願い致します。
 
 
みいー
(2010-12-04 17:36)
聖響さんへ。金沢は霰降りました。山麓では雪が降ったようです。去年の今頃は、聖響さんの第九が聴けるんだと毎日期待して過ごしてました。CDを聴きながら第九思い出しています。また聴きたいです。
ありちゃん
(2010-12-10 00:06)
初めまして。こんにちは。

ミュンヘン、バロック、いいですね。
ピアノを習っていましたが、バッハが大好きでした^^
譜読みでさえも、あの旋律、微妙な和音が幸せな気持ちにさせてくれます。

今週は神戸にいらっしゃるのですね。ルミナリエの時期なので、人が多いですよー。

聖響さんの1/9の新世界、行く予定です。
クラシックコンサートは、機会があれば聴きに行く程度でしたが、最近面白くなってきました。聖響さんも、新世界も初めてで、とても楽しみです☆
聴き所はどういうところなのでしょう。
21世紀の新世界、繰り広げてください。

是非、うどんも大阪で食べてくださいね(^−^)




ひろこ
(2010-12-12 13:51)
今週は待ちに待った兵庫芸文センターの演奏会です。聖響さんの演奏会に通い始めて、まだ5年なので(大阪、兵庫が中心)、知らない曲がほとんどです。毎回、演奏会の前に予習を重ねています。たくさんの知らなかった曲と出会い、CDとは違う生音を体感できるのが演奏会の一番の楽しみです。
いつまでも初心者マーク付きのファンですが、ぼちぼち末永く演奏会に通いたいと思っています。

いつも聖響さんに奥深さを感じています。体の厚みとはちゃいますよ(笑)。
聖響さんの生き方に一番影響を与えた人は、どんな人か知りたいと思いました。

はちべい
(2010-12-15 00:38)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/170460300
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。