Gustav Mahler[本番]
GustavMahler1907-2.jpeg

新年のご挨拶してから、もう6週間たちました。皆さんいかがお過ごしですか?といっても、Twitterの方ではほぼ毎日登場していますが。このブログはまぁ月一がいいところですね(笑)申し訳ないです。

神奈フィル定期でマーラーを取り上げる事になり、4曲が終わりました。去年4月の3番は今でも記憶に残っています。2番「復活」は有り難い事にCD化もされました。先月は4番を、そして昨日5番が終わりました。一曲ずつ歴史を刻むように、マーラーの生誕150年、そして今年の没後100年を記念して立ち上げたシリーズ、意外にもお客さんの入りが良いw 正直、マーラーを毛嫌いする方が多いと思っていましたが、4番はほぼ完売、5番にいったては完売御礼でございました。ご来場頂いた皆さん、期待をしてくださっている皆さんにお礼申し上げます。

マーラーの人生は波瀾万丈。4番の幸せ(アイロニー満載ですが)5番のパッションと高いエネルギー、そして新たな形式や世界観への挑戦、アルマとの出会い、、、などなど本当に人生いろいろ、全て一喜一憂し、音楽にその全てが盛り込まれているといっても過言ではありません(このあたりのことは全て、春以降に発売になる本を読んで下さいませ)この後、皆さんに聴いて頂く6番、7番、そして遺作の9番は絶対音楽の究極の形です。言葉のない歌。わけもわからず涙を流すことができるのがマーラーの音楽だとおもいます。

昨日の演奏は僕自身、4回目のGM5でした。4度目にして解ったことや、昔できなかったことが出来るようになったこと、今後の課題などたくさん見えてきました。自分の弱点も強みも全てハッキリと体感できるのが、マーラーの作品でもあります。音楽家として、指揮者として、計りのようなもの。次回の6番は過去に3度ほど経験があります。その経験を生かして、どんな6番を演奏できるか、自分に大いに期待したいと思います。

マーラーという存在は、既に自分の深いところに入り込んでいます。正直、私生活が脅かされてしまいますが、でも、幸せです。慣れって怖いもんですね。意外に心地よかったりする。逆にいないと寂しい気もする。毎日マーラーさんと会話。おはようからおやすみまで、一緒に過ごしています。こんな機会に恵まれているのは本当に幸せなことです。実現させてくださった、神奈川フィルの関係者の皆さんに心から感謝申し上げます。そして心待ちにしてくださっている聴衆の皆さん、次回も期待していてくださいね。6,7,9と突っ走りますよ。最後まで、是非ともお付き合いください。

コメント

こんばんわ もう日付けが変わってしまいました。 昨日のマーラー5番大変感動いたしました。 今までにない体験でした。 金聖響さん 神奈川フィルの団員の方々の真摯な研鑽のお蔭で昨日のような素晴らしい演奏を聴かせていただけましたこと感謝もうしあげます。 心がゆたかになりました。 こんな気持ちをもっともっと沢山な人たちといろんな年代の方々と共有したいと切に思いました それほどに素晴らしい演奏でした。ありがとうございました。
百日紅
(2011-02-20 01:43)

作曲家さんは世の人に楽譜というお手紙を残して下さり、聖響さんはそれを再現するために、こんなにも作曲家さんと向き合い、対話しているんですね。
マーラーさんの波瀾万丈の人生は今の私にはわかりませんが、それが音に現れているのでしょうか。私はまだマーラーさんの曲にほとんど触れていないので、あくまでも想像ですが、曲を聞くと自分自身を映し出す鏡のような感覚になるのかな…。

今日のブログを拝見し、マーラーさんを知りたいと思いました。そして私が聖響さんに惹かれる理由もわかりました。
真摯で謙虚で、愛があり、美しい聖響さんの「生き方」が大好きなんです。
BSでマーラー9番を聞いて改めて気づきました。
来週はベルギーですね。またベルギーからのTwitter、ブログ更新を楽しみにしています。
いつも応援しています(*^^*)
はちべい
(2011-02-20 03:03)
聖響さんへ。題名のない音楽会で拝聴したマーラー交響曲第一番ニ長調巨人 第四章が私にとってのマーラーデビューでした。それ以来マーラー交響曲をよく聴いています。沢山の交響曲があるんですねーびっくり目です。聖響さんの指揮がみたいですメロディー金沢は雪もとけてポカポカ陽気、散歩にいってきまーす歩く人
ありちゃん
(2011-02-20 09:09)
おはようございます。昨日は、コンサート成功おめでとうございました。そして、お疲れ様でした。紫音さんのツイートで聖響さんと一緒の写真が載っていました。少し、お痩せになったのが気にかかりましたが、顔の表情からして、とてもステキなコンサートだったのだとご想像しておりました。深夜にBSでやっておりましたGM9を録画してましたので、今さっき鑑賞し余韻に浸っておりました。理由は分かりませんが最後には涙がほほをつたっていました。お恥ずかしいのですがマーラーは、難しいとかよく分からないとかで、きちんと聴いたことがなかったのです。頭で考える次元ではないのだなっ、と実感してます。そして、早く生演奏を聴きたい!!!と。
今月は渡欧もあり、ますますお忙しいと思いますが、お身体大事にし、聖響さんの音楽に対する想いをステージで私達にお届けください。
よしこ
(2011-02-20 11:44)
『若きマエストロの肖像』を観てからずっと、
生で9番を聴きたいと願い続けてきました。
5月の演奏会を心待ちにして過ごしています。
他の曲の時に聴きに伺えないのが残念ですが、
ご成功を陰ながらお祈り申し上げております。

blogに書かれる聖響サンの文章が大好きなので、
月1回の更新でも有難いです。
次回もまた楽しみにしてますね〜
ヒロコ
(2011-02-20 20:40)
昨日は素晴らしいコンサートをありがとうございました。
私はマーラー5番の第4楽章が本当に大好きで、CDをよく聴くのですが、生のコンサートは格別ですね。
心地よい音のうねりに思いっきり浸りました。
聖響さんの5番もCD化されると嬉しいのですが・・・。無理でしょうか?
マーラーシリーズは全回チケット購入しているので、次回も楽しみにしてます。
Clara
(2011-02-20 21:47)
マーラー大好きです!そしてブルックナーも大好きです。

さて来月のマーラー『悲劇的』を大阪より聴きに伺います。(たぶん)
前日に日フィルの定期のストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲を聴きに行き、東京泊まりの翌日は神奈川フィル…オーケストラ旅行ですね(笑)

新日フィルのマーラー5番にも惹かれましたが…あちらはすでにチケット完売…ハーディング恐るべし。

しかし…やはり以前より『悲劇的』を生で聴いてみたかったのですよ。
あのハンマーを叩くところを見てみたかったのです。

聖響さん、精気を吸い取られる?マーラーとの対話が聴けるのを楽しみにしていますよ!
まっちゃん
(2011-02-21 01:40)
マーラー大好きです!そしてブルックナーも大好きです。

さて来月のマーラー『悲劇的』を大阪より聴きに伺います。(たぶん)
前日に日フィルの定期のストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲を聴きに行き、東京泊まりの翌日は神奈川フィル…オーケストラ旅行ですね(笑)

新日フィルのマーラー5番にも惹かれましたが…あちらはすでにチケット完売…ハーディング恐るべし。

しかし…やはり以前より『悲劇的』を生で聴いてみたかったのですよ。
あのハンマーを叩くところを見てみたかったのです。

聖響さん、精気を吸い取られる?マーラーとの対話が聴けるのを楽しみにしていますよ!
まっちゃん
(2011-02-21 01:43)
「春以降に発売になる本」をでは楽しみに♪

PS。私もドゴール空港では迷子になりました
(・ω・;)(;・ω・)
綺麗だけど広すぎるワーとブツブツ言いながらw

アンニョン♪
Victoria
(2011-03-02 19:57)
昨夜ベルギー公演の千秋楽で、もうパリから日本に向かう飛行機にご搭乗なんですね(驚)

お忙しいスケジュール^^;今回は帰国後の時差ボケが軽症であることを願っています(祈)

今年は関西での公演は少ないようで、さみしいですが、Twitter、ブログ、Ustreamなど、今どきの手段でご活躍を拝見できるので、いつもリアル感が満載で楽しいですo(^▽^)o  ツイキャスは間に合わぬことが多い私(^^;;  仕方ないッス(笑)

私は鉄道大好きなので、いつかパリ経由でベルギーまでタリスに乗って参りたいと思います(本気)

聖響さんを知り応援し始めた時からの私の夢は、聖響さん指揮のウィーンフィルの演奏を生で聞くことです‼(目標)

同じ時代に生まれたことに感謝しながら、応援を続けます(継続は力)

ゴルフを楽しむお時間もありますか?
どうかお身体にお気をつけて、一歩一歩、ご自身の歩みを続けて下さい(応援あるのみ)

はちべい
(2011-03-02 20:34)
聖響さん、昨日は酷い地震でしたが、ご無事をですか?私の家は4時間停電しましたが、今は大丈夫です。でも、今日のコンサートに向かう交通機関が未だ運転見合わせで、会場に行けるかどうかわかりません。マーラーシリーズのスタンプ集めていたのに、あと1個で、聖響さんのCDゲットだったのに残念です。
ぞんげん
(2011-03-12 10:28)
震災後、余震も続く中、いかがお過ごしでしょうか…。

私は昨年4月から一年間、死生学とデスエデュケーションを学ぶ機会に恵まれ、この学びを通して自分自身が死やいのちについてどう感じているのかを改めて考えました。
自分自身と向き合うことは簡単なことではなく、大学の講義が終了した後も、いつも考え続けています。

震災後、たくさんの人が寒い中で、苦しい生活を送られています。
日本にいて生きている私は、生き残った者だと自覚しています。
あの地震が私のすぐ近くで起こったかもしれないからです。

だから自分自身に向けては今いる場所で仕事や役割を私のできることを全うするとつぶやきながら、聖響さんにはTwitterで期待や願いを込めて、やいのやいのとうるさくつぶやいていました。
ごめんなさい。
このことをお伝えしたく、コメント致しました。

最後に、
全ての人が、いま隣にいる人と手を取り合って、一人じゃないと確認し、手の温もりを分かち合い、悲しみや苦しみとともに愛と勇気と生きる力を感じることができるよう、願っています。

聖響さん、お身体にお気をつけて、また時々はブログ更新、Twitterでもつぶやいて下さいね。

泉尾由佳
はちべい
(2011-03-20 09:20)
初めまして。
ツイッターでもファンです。
今の時期に音楽の存在は大切です。
どうかベストでやっていって下さい。
マーラーが私生活を脅かす、って言うのは、
私もすごくよく分かります。
(2011-04-04 17:54)
以前の記事ですが、お邪魔いたします。
昨夜、ある方へのつぶやきを目にして聖響さんの今の心境を垣間見ることができました。お伝えしたことはたくさんありますが、公開の場なので最小限にします。

わたしは関西在住なので被災していませんが、4月3日の公演で心を救われました。今まで何度も聖響さんの公演で、絶望を希望に変える「何か」をいただきました。「何か」が何なのかはよくわかりませんが・・またしても聖響さんの、限りなく深い優しさと温かさに助けられた気持ちでいっぱいです。

メンデルスゾーン。演奏会が初めての若い友人2人のクラシック・ライヴデビューに選んだ公演でした。2人ともとても喜んでくれました。2人の希望もあり、久々にサイン会の列に並ばせていただきましたが、これまでと少し違った様子の聖響さんの笑顔に励まされ、不意に話しかけてしまいました。シューマン4番をまた何処かで・・とお約束してくださって嬉しかったです。意識が飛んでしまったのでお礼も言えませんでしたが;漢字でのサインも有難うございました。

震災後、関西では初めての公演でしたね。パンフレットにもありましたが、メンデルスゾーンでよかったように思います。「心の温度」確実に、かなり上がりました。シンフォニーホールのステージとの一体感もいつも以上に嬉しく感じ・・震災の被災者ではないですが、聖響さんの奏でる音楽によって救われ、希望を持てた人間がいることをお伝えしたくて書き込みさせていただきました。5年後も10年後も聖響さんの音楽と共にいられますように・・

まい
(2011-04-05 14:50)
指揮者の人がどんなことを考えて生きているのか、聖響さんのブログを拝見するまで、私は全く知る機会がありませんでした。

今でも聖響さんの思いの全てがわかってるわけではありません。

けれど音楽に対する情熱、作曲家さんへの敬意、たくさんの人に音楽の素晴らしさを届けようとされていること等、聖響さんの思いのいくつかは、応援を続けていく中で伝わっています。

私にクラシック音楽の扉を開けて下さったのは、間違いなく聖響さんです。感謝とともに応援を続けたいと思います。
いろいろうるさくつぶやき、コメントしますが、お許し下さいませ^^;

泉尾由佳
はちべい
(2011-04-21 00:31)
公式ホームページのスケジュールは更新されていないようですが、ラフォルジュネの演奏会の後は、ベルギーでしょうか⁇
お疲れ様です。

きっと近々ご出発ですね…お気をつけて行ってらっしゃーい‼

ベルギーからは写真、ブログ、Twitter、ツイキャス、Ustream、どのような形でも何か発信してくださると、嬉しいのですが…。
演奏会は毎回伺えるわけではないし、私は聖響さんの演奏、そして『言葉』に触れると、自分自身を取り戻すことができるから………勝手なことばかり書いて、すみません。。

泉尾由佳
はちべい
(2011-05-05 00:26)
今日は母の日ですね。
5年前の5月14日、大阪シンフォニーホールで、世界中のお母さんへのプレゼント曲を演奏して下さいましたね。
忘れられない母の日でした。
愛のエネルギーがホールに満ちていました。

その時のブログに私自身が、
『私は初めて聴いた曲だったんですが、あの瞬間にホールが母を想う気持ちにあふれていて、それを聖響さんが温かく包みこむように演奏してくださったので、涙で聖響さんの姿が霞んで見えませんでした』とコメントしていました。

私はようやく自分自身の課題に気づき向き合うことができそうです。ずっと生き別れていた母親の足跡をたどってみたい、と思えるようになりました。
いつ、どのような形で再会できるかわかりませんが、一歩ずつ歩んでみようと思います。

聖響さんは今日、お母様に想いを伝えられましたか?

泉尾由佳
はちべい
(2011-05-08 23:24)
何年ぶりに投稿するんだろうと耽りながら…。
遅ればせながら、ラフォルジュルネに伺いました。聖響さんのコンサート…何年ぶりかしら。久々に空間を共にできたこと嬉しく思います。
人は変わり続けるし、心はより移ろいゆくし、時に色も褪せ、虚しく揺れ動くけど、なんだかんだ原点は変わらないものですね。
生きて拝聴できること、感謝してます。
無形の命のひとつ…音楽をもっともっとがむしゃらに聴きたいって感じています♪
玲花
(2011-05-12 12:11)
この数日、マーラー交響曲第9番に毎日触れています。初めて聞いた時は、理由もなく凄いと思い、二度目は映画のようだと感じました。
壮大な物語のような、人生そのものという感じ。28日は初めてみなとみらいホールに伺います。

聖響さんが演奏されるマーラー交響曲はN響以来2回目です。

当日ホールで生音を聞いて私は何を感じるのか、自分自身の感覚を楽しみたいと思います。

マーラーの音楽、聖響さんの演奏が私の背中を押して、人生の課題に対して向き合う力を与えてくださると信じています。。

泉尾由佳
はちべい
(2011-05-23 21:51)
昔「聖響の座談会」で、「地球最後の日に演奏したい曲は何ですか?」の質問に対し、聖響さんは、「マーラー9番」と答えられ、当時5番以外はマーラー苦手だった私は、聖響さんと曲の好みが合わないなあとショックを受けた事を今でも覚えています。エッシェンバッハ指揮フィラデルフィア管弦楽団のマラ9を聴きに行った事があったのですが1列目だったにも関わらず、第4楽章で睡魔に勝てず、最後にガクって音を立てながら座席から崩れ落ちそうになった時に曲が静かに終わったので、本当に申し訳なさでいっぱいで、迷惑がかかるので二度とマラ9は生で聴きに行くのはやめようと思ったものでした。今日は聖響さんが地球最後の日に演奏したいと思うほど思い入れのある大好きな曲ですから、正直自身なかったのですが、昨日から睡眠も8時間バッチリ取り、ブラックコーヒーも飲み、万全の体調で望みました。去年からのマーラーシリーズで5番以外のマーラーの曲に対する苦手〜という先入観も薄れていた所でしたし。
今日のマラ9、こんなにも美しい旋律の曲だったのかと、感動致しました。(エッシェンバッハの時は殆ど寝てたって事ですかね・・・。)ひたすらゆっくりと和音が解決して息絶えるように沈黙へと消えていく・・・。最後までしっかりと聴き届ける事が出来ました。
照明も暗くなるという演出もあり、私は鎮魂の気持ちが湧き上がり、勝手ながら、暗闇の中、東日本大震災で犠牲になられた方々に黙祷を捧げながら聴いておりました。素晴らしい音楽をどうもありがとうございました。
ぞんげん
(2011-05-28 21:45)
マーラー交響曲第9番。初めてみなとみらいホールに行くことができました。

演奏会直後からしばらくの間、体の震えが止まらず、胸に手を当てると、ずっと響いているんです。マーラーの魂の叫びでしょうか。

聖響さんは、マーラーさんと向き合い、オケの皆さんと作り上げ、本番の演奏。終演後、舞台上でお互いの演奏をたたえ合う様子。ロビーでの歓談。その全てに聖響さんの愛が満載なんだと気づきました。音楽=愛。音楽で愛を届けて下さっているのだと実感した演奏会でした。魂に響く、素晴らしい演奏を、幸せな時間をいただき、ありがとうございました。

お体お気をつけて、聖響さんにしかできないことを探求し、歩み続けて下さい。

ずっとずっと応援しています。

泉尾由佳


はちべい
(2011-05-31 21:27)
聖響さん、こんにちは。
12日のシエナの定演に行かせていただきました。
聖響さんのツイッターにご挨拶させていただいたのですが、まだいろいろお伝えしたくて、こちらに失礼します。

新潟からの参加でしたが、行って良かったです。本当に良かったです。
正統派の吹奏楽音楽から、アキラさんのノリノリの曲と荘厳な曲。
そして大迫力の1812年。
アンコールでは追悼曲で祈りを。

全ての曲を予習して行きましたが、「アパラチアの春」は以前に聖響さんがツイッターで「美しい曲」とつぶやかれていたと思います。
なんだか急にその頃が懐かしくなってきて、戻れる事なら戻りたい。震災前のあの頃に戻って、聖響さんのブログやツイッターを楽しんだり、ツイキャスでまた音楽の事やベルギーでのお話しを聞かせてもらいたいなぁと思っていたら、泣いてしまいました。。。

1812年は凄すぎて&これで終演と思うと、溢れる涙をこらえる事ができませんでした。
なので演奏後の聖響さんやシエナの皆さんがどんな表情をされていたのか、涙で見れませんでした。
もうこれ以上の1812年を聴くことはないと思います。感動しました。尚美の皆さんにも感謝でいっぱいです。

懇親会ではサインと写真と握手と、そしてお話しまでできて感無量です。
演奏会と懇親会で聖響さんの笑顔がいっぱい見れて幸せでした。
気になっていたツイッターやブログの事も聞けてスッキリしました。
本当は続けて欲しい気持ちでいっぱいです。
それは私だけではなく、たくさんの人がそう思っているはずなので、また再開してもいいなーって気持ちになったらいつでもお願いします。

つたない文章を読んでいただいてありがとうございました。
ブログも閉鎖の予定との事なので、このコメントは載せなくて結構です。
聖響さんに1度でも目を通していただけるだけで充分です。
ではまた必ず演奏会に伺います。
その日を楽しみにしております。
ユミ
(2011-06-14 17:25)
波瀾万丈のマーラーさんを知りたいと思ってはいるのですが、どの本がいいのかさっぱりわからないので調べていません^^;

玉木正之氏のブログ
http://www.tamakimasayuki.com/によると、お相撲の八百長問題や震災などで執筆が遅れておられるご様子。発売までゆっくり
お待ちしたいと思います。

人生が波瀾万丈だとしても、そうでなくても、自分自身がどう思うかですよね。人はいろんな見方をするでしょうが、自分が幸せかどうかということが大事。大切な人の幸せを自分の幸せと感じることができたら、本当に幸せなことだと思います。

Twitterでフォローしているジャーナリストの佐藤慧さんが『大切な人が幸せであることが自分の幸せになる。こんなに当たり前のことに気付くのに、こうも時間が必要だった。』と書かれていたのを思い出しました。

何が言いたいんだ、私。
そうそう、聖響さんのご活躍、ご健康、お幸せを願っています(#^.^#)  すみません^^;ついでのように書いてしまい…行けなかった演奏会で、本当はこのことを伝えたかったんです。

泉尾由佳
はちべい
(2011-06-14 23:01)
玉木正之氏のブログ

http://www.tamakimasayuki.com/

(貼り付けに失敗していたように思い、念のため^^;)

ブログ更新されていて、マーラーの交響曲のことは6月13日に書かれています。
はちべい
(2011-06-15 07:00)
聖響さんへ。ブログかツイッターに近況報告待っています。お忙しそうですねーあせあせ(飛び散る汗)音楽堂楽しみですーメロディ
ありちゃん
(2011-06-18 10:26)
先日、聖響さん指揮の京都大学交響楽団の定期演奏会に行きました。
大好きな兵庫県立芸術文化センターの大ホール。あのホールには何度も行きたくなる不思議な力がある、神聖なる場所だと思っています。(確信に近い思い込み…)
そんなホールで京大オケと聖響さんの演奏される音を通して、信愛で結ばれた絆や情熱あふれるエネルギーが、私の心の奥深くに響きました。

演奏会前には母親探しの旅の第一歩もスタートしました。

今日という特別な日に大切な友と大好きな聖響さんの演奏会に伺うことができ、本当に幸せな時間をいただきました。ありがとうございました。

遠くから…いつも本気で応援しています。
体力を温存し夏を元気に乗り切って下さい(^_−)−☆
泉尾由佳
(2011-06-25 10:36)
7月3日の題名のない音楽会に出演された九州交響楽団事務局長の今村晃氏のことを私は以前聖響さんのブログのコメント欄で知りました。

ある演奏会のプログラムに掲載されていた今村晃氏の文章がコメント欄にそのまま記載されたものでした。
ウィーン音大の学生だった聖響さんをチョン・ミュンフン氏に紹介した時のエピソードだったと記憶しています。

あのコメント欄に書かれたエピソードで若かりし日の聖響さんの真摯な瞳を感じたことも併せて記憶にあります。

今村晃氏と聖響さんは久々に再会されたのだろうか…いや何度もお仕事でご一緒されているのだろうか…人と人とのつながりについて思いを馳せました。
はちべい
(2011-07-04 19:41)
『バンバラバンバンバン♪』
懐かしいわぁー(笑) 夏だし、ヤッパリ特に今は、元気になる音楽いいね!と思うこの頃です。

『未完成』聴きたいと想いながら友人との旅行中、、またいつか機会があるかしら?なんて空を見てました。。7月も過ぎようとしてます

暑い夏ガンガン汗かいて楽しい夏にね!
秋には早く音楽にボゴシッポヨって感じで〜す。
Victoria
(2011-07-31 13:22)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/186786720
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。