偶数って素敵[練習]

今回のプログラム、見た目は地味だが内容は濃い。ほとんど演奏されることのない「アテネの廃墟」序曲。実は結構な名曲だと思う。今まで僕も取り上げる事がなかったが、今回やってみてその面白さに気づいた。そして4番と6番。ベートーヴェンが残してくれた9曲交響曲の中でも、4番は自分にとってのお気に入りトップ3にあがる曲です。構成が良くて、分かりやすく、コンパクトに作られていて単純に明るくて楽しい。音楽の原点のような作品だ。

6番「田園」はもちろん好き嫌いはあるだろうが、名曲中の名曲。明日の札幌公演ではNHKさんの収録でデジタル放送されるらしい。同じプログラムで苫小牧、稚内と旅行になるが、これもまた楽しみ。毎回進化していく課程を楽しめる。

さて、練習です。昨日同様「ごりごり」やってきます。

コメント

おはようございます(^^)
北海道ですね!・・・気温差もあるし、移動も多いし・・・色々と大変そうですが、充実した日々を過ごされてるようで、応援しがいがあります(^^)
北海道には行けませんが、東京からエールを送ります〜明日も熱く、いい音楽をみんなに届けて下さいネ!!!
mika
(2006-05-30 09:35)
いってらっしゃーいませ。私もがんばりまーす。
(2006-05-30 09:52)
おはようございます。こちらは天気がいいですよ。
北海道はいかがですか、今回のお仕事内容は地味で濃いとの事、営んでいる仕事そのものですね。
毎日の本番及び練習で関節炎になりませんように、
北海道で美味しい物をほどほどに食べて、体力を付けて楽しくお仕事頑張ってくださいね。   
茶茶
(2006-05-30 10:20)
相変わらず‘ごりごり’やっていらっしゃるようで・・・
聖響さんにとって良いお仕事であれば
聴いていらっしゃる方もきっと心地よく聴ける事と思います。
素晴らしい演奏が出来ますように・・・
大和屋
(2006-05-30 11:21)
こんにちわ。北海道ですか?いいですね。
リード!のCD買いました。聞かさせていただいてます。
りえ
(2006-05-30 13:27)
世界中で活躍されている金 聖響さんですが、将来いつの日か、私が現在在住しているホノルルシンフォニーとの共演を果たして頂けるように夢見ています。 (残念ながらホノルルシンフォニーは常任指揮者が現在おりません。。。(*_*;)   ホノルルシンフォニーは全米でも『超』がつくほど予算が少ないですが、ローカルの人々に100年以上支えられながら頑張ってます。)  是非、いつかいらしてください! 待ってます!!!  ホノルルよりーアロハを込めて。
Miho
(2006-05-30 13:34)
明日のコンサートとても楽しみにしています。「アテネの廃墟」、実は私は聴いたことないと思います。だからどんな曲かしらとそれも楽しみ。札幌は今日はなんだか雨降りで寒いのですが、明日はいいお天気の夕暮れにキタラに行けたらもっとうれしい!
mie
(2006-05-30 15:17)
聖響さんこんばんは!北海道で演奏会なんですねェ〜。いいですね!きっと今1番いい季節ですよね北海道って。しかもベートーヴェンさんの4番6番ですか〜北海道の方々が羨ましいです!4番早くレコーディングしてほしいです!やな事があっても、4番を聞くとなんか忘れちゃいます楽しいんで!大好きです!!14日のモーツァルト公演、体調崩して拝見できなかったので凄く残念でした。次の公演、拝見できるの秋なんですよね〜寂しいです。が、プラハも大好きなんで凄い楽しみにしてますね!!ハードスケジュールな毎日の様ですが、体に気をつけて音楽頑張って下さいね!!
マリコ
(2006-05-30 20:11)
北海道ですか!いいな〜。
聖響さんには北国が似合うと思います。澄みきった空気と繊細な感性が見事に調和するような気がします。

「アテネの廃墟」初めて知りました。この曲について知識は全くありませんが、“アテネ”という文字を見た瞬間、6年前に訪れたアテネの風景が鮮明に蘇りました。午後11時頃到着し、ホテルへと向かうタクシーからライトアップされた「アクロポリス」が見えました。まさに幻想的・神秘的でした。

「アテネの廃墟」ぜひ聴いてみたいです。
Jihe
(2006-05-30 21:00)
『偶数』?えっ算数の話?って思って携帯サイトをクリックしてみると、ベートーベンさんの交響曲『偶数』でしたか。

聖響さんが今回やってみて面白さに気付かれたくらいですから、私たちがまだ気付かない作品たちがいったいこの世にどのくらいあるのでしょうか。

聖響さんと出会い、ブログを訪問することで、音楽だけでない多くの刺激を受けました。
今あらためて、お礼を言わせてください。

これからも応援しています。

野暮な話ですが(野暮って死語かも!?)恋も仕事も素敵に楽しんで、どうか幸多かれと願っております。

PS
阪神サイコー!兄貴ありがとう!
はちべい
(2006-05-30 21:59)
やっとCD手に入れました!!

聖響さん、北海道ですか?いいですね。羨ましー。
「アテネの廃墟」。そういう曲があるのですね。私も初めて知りました。
3日間、弾けて、楽しんでくださいね。
それにしても、「ごりごり」って、何なんですか??
スイーツ
(2006-05-30 22:00)
「アテネ〜」は、3年前の来日で某欧州指揮者(笑)が演奏しましたね。6番と4番(アンコール)のカップリングも同じ。ピリオド志向の小編成オケというのも同じ。彼はまるでモーツァルトのような4番を振りましたが、さて聖響さんのアプローチが楽しみです(聞きに行けないのが残念!)アテネは、弦の奏でるあやうい旋律の冒頭が印象的な曲でした。
sora
(2006-05-30 22:31)
北海道の抜けるような青空が大好きです。出来れば野外でオーケストラの演奏を聴いてみたいです。
お天気はボチボチ良くなってくるようですが、朝晩は寒いので体調には十分気をつけてくださいね!
keytan924
(2006-05-30 23:08)
初夏の北海道、素敵でしょうね・・・!
北海道と言えば免許取りたて「第1走」の地。それもレンタカーでの函館〜札幌までのドライブ。「北海道の道路ってまっすぐで広いから初ドライブにいいよねっ!」って余裕でバックしたつもりが車はなぜか前進・・・ギアをRとL、入れ間違えてた模様・・・そんなこんなで札幌に着く頃にはそれなりに走れてました。そんな私の隣に乗ってくれた悪友の息子は今、群馬のJr.オケでVa.弾いてます。以来、悲しいかな私は99%運転席に・・・人生って思いどおりにならないものですね。
そうそう、学生時代、品川プリンスのエレベーターで乗り合わせた王子製紙のアイスホッケーの選手の皆さん、とてもハンサムでマッチョで驚きました!
「登別の由紀子さん、お元気だべか〜?」
「4番」と「アテネの廃墟」お勉強しておきます!
KT
(2006-05-30 23:11)
北海道の演奏旅行、結構ですネー。しかも私の名前と似てるし、ディズニーが『ファンタジア』として、指揮者のトスカニーニのシルエットと伴に素敵なアニメ化をした大好きな『田園』を含めて偶数の選曲ですか。何と素晴らしい! 本当に一度聖響さんの生演奏で聞いてみたーい!気持ちで一杯です。
このとろ毎晩、何故か紀伊国屋で、ゲットした“Mozart Works”を聞きながら、“何でこんなに気持ち良い音で素敵なの”という幸福感に満ち満ちて眠りに着くことになっておりますが・・・。 さて、時間です。
HIRO
(2006-05-30 23:37)
IMXさんから昨年のイベントのDVDが届きました。
感動がよみがえります。演奏旅行お楽しみ下さい!
masumi
(2006-05-31 01:04)
我が家に先程SANTAが来ました。
聖響さんのところにもたくさんの世界中の人々にも幸せが届きますように。
ずっと応援しています。腰お大事に。完治したなら動く方がいいですね。
気合いだぁ〜!
はちべい
(2007-12-25 02:11)
こんにちは。お元気ですか?
お体壊されたと知った時はびっくりしましたが、順調に回復されたようで本当に本当に良かったです。今年はいい一年でした。音楽をたくさん聴きました。音楽は楽しいものだと教えてくださった金聖響さん、本当にありがとうございました。今年はもう終わりますが、来年また元気な姿を見に演奏会へ行きます。楽しみにしております。
良いお年をお迎えくださいね。お体ご自愛くださいませ。

追伸-著書を拝見いたしました。とても面白かったです。
帯の「もっと深く!もっと楽しく!」が題名と思ってました。最近まで(笑)
sophy
(2007-12-30 16:24)
新年明けましておめでとうございます。夜明けがとても素敵ですね…。
明日は渋谷でニューイヤーコンサートですね。私も行きたいですが、チケット完売してました。満員御礼おめでとうございます!新年からいい感じですね!!今年もたくさんの方々に幸せなメロディーを届いてくださいね。私もホールへ足を運びます。出来るだけたくさん(笑)
今年、著書第2弾!などなど?楽しみにしております。
お身体、ご無理なさらぬように…明日、明後日、頑張ってくださいね!!

sophy
(2008-01-01 15:19)
いつも、これからも応援しています。健やかに聖響さんらしく活躍を続けられることを願っています。
腰は身体の要ですね。身体と心はつながっているので大切にしつつ鍛えてくださいな。
はちべい
(2008-01-01 22:57)
はじめまして。
ハーディングの指揮には、わが身の好運に身体が震えました。いえ、だから、聖響さんには1日も早くコンサートホールでお会いしたいです。2008年の大きな目標です。ところで聖響さんの本「ベートーベンの交響曲」のことが元日の朝日新聞の「天声人語」で引用されております。ご存知でいらっしゃいますか?

ますますのご活躍をお祈りしております。
あらしね
(2008-01-02 07:52)
今日のコンサートとても楽しませて頂きました。帰りにお会い出来たのは今年最初の幸運でしたが、気のきいた事も言えず、自己嫌悪…。今年は何度コンサートに伺えるのか楽しみです。
「今年も聴かせてください!!」
MAAYA
(2008-01-02 19:35)
 こんばんは。今日の本番、どうなったのでしょうか?とにもかくにも今年最初のお仕事、お疲れ様でした。一日、東京に想いを馳せておりました。お身体は大丈夫ですか?エキサイトしすぎて<ばきっ!>とかならないで下さいね!!(すみません、不吉な事を・・・)今年、完全<復活>した姿を早く見たいです。明日も頑張ってくださいね!!!

sophy
(2008-01-02 20:48)
「天声人語」というタイトル、というか四字熟語の深さを改めて感じた元旦でした。
聖響さんの奏でる音がたくさんの人の心に笑顔と幸せを届け続けてほしいと願っています。
出会いから学ぶ毎日です。言葉や音も人を通して届けられますが、天からの贈り物のような気がしています。
はちべい
(2008-01-05 02:45)
天声人語、私も拝見しました。天声人語をまとめた本があるくらいですから、金聖響さんの言葉がずーっと後世まで残ることが嬉しいし、そう願っています。カリスマ性とは他にどれだけ影響を与えられるかで決まると思います。が、本人は自覚がない。ならいいなぁ。なんて(笑)時空間に放たれる音楽の楽しさを噛みしめる毎日です。
sophy
(2008-01-05 15:28)
「ミセス」の記事を拝見いたしました。コメントもさることながら写真、いい笑顔です。これからも頑張ってください。
sophy
(2008-01-09 00:32)
お誕生日おめでとうございます。聖響さんにとって素晴らしい一年でありますように…
sophy
(2008-01-12 03:09)
ブラスの祭典 フェスタ イン 沼津 ”最高(^o^)でした。とても楽しい一時でした^。^ 吹奏楽の課題曲の演奏♪感激でした。娘が吹奏楽(チューバ)部に入っておりますので、大会で聞いた曲♪を聖響さんの指揮で聞く事ができるなんて、嬉しかったです。音楽のおもちゃ箱”飛び出してきた曲の楽しかった事♪♪ポッポッポ はとポッポ♪〜が、あんなにも楽しくなるなんて、ホントに感激でした。
シェナの皆さんと一緒に演奏ができた学生さん達には、宝物ですね^。^指揮が聖響さん☆何て、素敵なんでしょう☆
聖響さん、「沼津に来て下さいな。」の連絡があったら、是非是非、来て下さいね。
2年前、来沼の時、お帰りの際、突然、握手を求めたアジュンマです。
私の記憶違いでなければ、結婚1周年では?
「おめでとうございます」
日テレ「斉藤さん」見てますよ^^
toki
(2008-02-10 20:54)
少し時間ができたので金曜日は、当日券でみなとみらいに行こうと思います。
今年初(^_^)v楽しみだし、行けると嬉しいです!…頑張って下さいね(^^)
mika
(2008-02-20 08:53)
2/15のオペラシティーのコンサートはとてもすばらしかったです。
 初めて聞く音楽でしたが、「ぎりぎり」な感じと、なんだかわからないけれど「迫ってくる感じ」に圧倒されました。また生で聞きたいです。「旧ソ連の音楽は熱い」と感じました。私はなんとなくもっと冷たい感じかなと想像していたんです。聖響さんの思い入れも温度をあげていたのでしょうか?旋律もとてもきれいでした。

そして私はなぜかこういう音楽に癒されるんです。
今日のベートーベンの4番もとってもよかったです。

これからクラシックをたくさん聞くことになりそうです。
自分とほとんど同じ年齢の人が指揮者として活躍しているのを見るのはとてもまぶしいです。応援しています。

またいい曲を聞かせてください。
(^^)クラシック初心者より
saori
(2008-02-23 01:10)
平日の夜だったから、無事に当日券を入手(-^〇^-)…一年ぶりくらい???と思いながら、本番スタート!やっぱり『生』の音に感激する。
ティンパニーの演奏者気分が味わえる席で、これもまた初体験に感激…
少し懐かしい空気の中、気が付けば、すっかり聖響ワールドの中にいる自分…やっぱりコノ気持ちは、本番でしか感じられへんわ〜と、思ったりする。
久々の本番も変わらないワクワク感に何となく安心した。
…これからも、守らず攻める音を伝えて続けてくださいね。音楽の力を体感した夜でした(^_^)v

mika
(2008-02-23 09:27)
体力・筋力ともに順調に回復、いや向上されているご様子(よかった♪)
どんなことも必然(受け入れてそこから学ぶ)
聖響さんを通して私も学ぶ(いつも)
私も肩を痛めて現在スポーツトレーナーについてリハビリ中(がんばるぞ!)
心と体の健康が何より大切(同感♪)
体と対話(体の声を聴くこと)

聖響さんのゴルフは本気ですね(いつも)
はちべい
(2008-02-24 03:14)
久々のゴルフレッスン(^^)
…コーチの奥様から、渡す機会がなかったから…と渡されたパンフレットには聖響さんのサイン…日付は、2007・5になってて、、、大事に保管して下さってたんだ。。。と感謝(涙)
とっても遅くなりましたがサインありがとうございました。大切にします(^^)
mika
(2008-02-28 22:17)
腰の痛みも和らいでゴルフを楽しまれているとのこと
安心しました。
明日の金沢公演楽しみにしています。
主人は仕事で行けずラッキーとばかりにチケットいただきました。
saorireiko
(2008-02-29 22:45)
お疲れさまでした。出だしから"perfect!!" と、感激してしまいました。今回のパンフレットの解説がすごく勉強になりました。とても楽しかったです。頑張ってくださいね!
sophy
(2008-03-02 23:03)
4月からの音楽至上主義シリーズも楽しみにしています♪
ちびっこファンの為にもサインして下さり、ありがとうございました。

はちべい
(2008-03-04 20:22)
名古屋の鶏は美味しかったですか!か・な・り…ですか!ウンウン(笑)日曜日は九州ですか…ベートーヴェンのsym.7ですかッ!!(泣)今度機会があれば、関西でも是非、7番を!!(>_<)あ 宮崎の地鶏も美味しいですよ(笑)
公演の成功をお祈りいたしております。(桜が見られるかも!?)
sophy
(2008-03-14 19:58)
偶然にも先週、「カメラアイ」という言葉を90代の素敵な女性から聞いたところでした。
「世の中には美しいものであふれているのに、それに気がつかなくなってしまう。それじゃもったいないな」(聖響さん)
写真は撮られるのも撮るのも得意じゃなかったけれど、
「もったいないな......ほんまやな」(はちべい)
写真始めてみたくなりました♪
はちべい
(2008-03-17 20:13)
福岡での演奏会お疲れさまでした。
初めてベートーベン7番を生で聴きました。
拍手が鳴り止まなかったですね。感動しました。

会場には地元の中学校で吹奏楽をやっているという生徒さんがたくさん来ていて、みんな礼儀正しく、知らない私たちにも入口で気持ちの良い挨拶をしてくれて驚きました。地元でプロの演奏を聴くことができた彼らは、ほんとうにいい経験をしたと思います。

今回のパンフレットの九響事務局長の方の文章を読んで胸がいっぱいになりました。デビューの頃から現在までの聖響さんを知ることができるいいお話です。ブラームス2番の聴き方が変わってきそうです。

最後に・・・サイン、ありがとうございました。
nao nao
(2008-03-17 21:53)
昨日のなかまハーモニーホールでのプログラムに
九州交響楽団事務局長  今村晃氏の文章が掲載してありましのでご紹介します。

1997年1月、有楽町にあった都庁舎が新宿に移った跡地に国際フォーラムが完成したのを機に「アジア・フィル」を結成し、アジア諸国との友好親善をはかるコンサートを開催しようということになった時、そのディレクターを私が務めることになった。

指揮者は韓国の小澤征爾といわれるチョン・ミュンフン氏で、アジア各国から結集した演奏家たちを見事に掌握してリハーサルが順調に進行していたある日のこと、一人の青年が私のそばにやってきて、「僕は駆け出しの指揮者ですが、マエストロ・チョン・ミュンフンに紹介していただけないでしょうか」という。すでにその時チョン・ミュンフンは世界的な指揮者だったので、身も知らぬ青年にあってくれるかわからないし、私は私で、アジア各国から来た奏者たちの混成チームだけに何かしら問題が起きるので、この青年にいちいち構っている余裕はなかった。

だが青年の眼差しは真剣そのもので、帰ろうとする気配はない。そこでマエストロに率直に事情を話したところ「次の休憩は30分あるから、その時に会おう」と言ってくれた。

まもなくリハーサルが始まり、私はその青年と初めてゆっくり話すことができた。名前を金聖響といいウィーン国立音楽大学で指揮の勉強中だということ、韓国籍なのに韓国語ができないが生まれが大阪なので関西弁は達者なこと、中学生のときに父親の会社経営に伴い一家でアメリカに移住したこと、したがって中学から大学までアメリカの大学で過ごしたこと、お陰で英語は不自由しないが留学中のウィーンではドイツ語に苦労していること等々、個人的なことに話が及べば及ぶほど彼の好青年ぶりがわかり、「案外いい奴だな」と人知れず嬉しくなった。

そうこうするうちリハーサルが終わり、金くんとマエストロとの対面になった。彼にとっては待ちに待った時間の到来なので私は同席しなかったが、「ありがとうございました」と満面の笑みを浮かべて出てきた金くんの表情で会談がスムーズにいったことが分かった。

その日の夜、マエストロと夕食を共にした時、「指揮者は理論より実践が大事だから、そのような場を彼に与えてくれないだろうか」と頼まれた。マエストロがそう言う以上、直感的に金くんの才能を見抜いたのだと感じた私は彼の成長を遠巻きに見守っていたが、マエストロの直感どうり、翌年の1998年5月、コペンハーゲンで開催された第12回ニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで金くんは見事優勝した。

その優勝から8ヵ月後の1999年2月、マエストロとの約束どうり、金聖響くんを当時私が勤務していた東京都交響楽団(都響)へ招いたが、プログラム冒頭のベートーベンの「エグモント」序曲が鳴り響いた時、ここに至るまでのことが頭を去来しジーンとくるものがあった。その後、度々都響の指揮台に立ってもらったが、圧巻だったのは2001年9月16日のサントリーホールにおける都響のプロムナードコンサートで聞かせてくれたブラームスの「交響曲2番」である。まるで巨匠の域に達したかのような指揮ぶりで、ブラームス特有の重厚さと濃密さが重なり合う音の充実感と、流麗に羽ばたく音楽の躍動感に正直脱帽した。それはその後の指揮者人生が順風満帆に行くことを確信した瞬間でもあった。
(2008-03-18 09:27)
プログラムに掲載されていた文章を紹介して下さり、ありがとうございま-す。
若かりし聖響さんの真摯な瞳が浮かんでくるようですね〜。
聖響さんはご自分でどう感じていらっしゃるかわかりませんが、人を惹きつける特別な魅力があるんですよね〜。
聖響さんが伝えてくださる音楽の力=聖響さん自身なんだな〜と思えてならないのであります!
いつも、いつまでも応援しています♪
はちべい
(2008-03-18 21:07)
コメント欄のプログラムに紹介された文章を読みました。嬉しくてはじめはニヤニヤしていたのですが読んでいくうちに涙が溢れてしばらく止まりませんでした。泣いたり、笑ったり忙しいです(笑)
素敵なエピソードですね。聖響さんのお人柄や内面を垣間見ることができました。私が何故、他の誰でもない聖響さんの音楽に惹かれるのかわかる気がいたしました。これからも応援させてくださいね!
sophy
(2008-03-21 02:51)
皆様にお願いがございます。
勝手にこの場をお借りしますこと、お許しください。



大阪センチュリー交響楽団存続の危機


すでに4月8日付日経新聞社会面をご覧になった方もおられるかもしれませんが、大阪府知事直轄の改革プロジェクトチームの素案において、府が大阪センチュリー交響楽団への補助金を廃止する意向であることが報じられました。

定期演奏会や特別演奏会以外にも、府民の皆さん・聴衆の皆さんに何か貢献できないかと事務局楽員一同考えて、いろいろな形での演奏会を行ってまいりましたが、そのような事業も含めてオーケストラというものにとって、公的支援をいただくことは、無くてはならない…と言わざるを得ません。素案通りに補助金が廃止されてしまうと、事実上運営を続けていくことはできなくなってしまいます。

「『府民のオーケストラ』の火を消してはいけない」と、関西ゆかりの方々が「大阪センチュリー交響楽団を応援する会」を立ち上げて署名活動を始めて下さいました。

そこで皆さんのお力をお借りしたいのです。

こちらのページから、署名の用紙がダウンロードできます。印刷の上ご署名をいただき、下記に郵送もしくはFAXでお送りくださいますよう、お願い致します。お手間と通信料のご負担をおかけして申しわけありませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。


【署名の送り先】
〒530-0003
大阪市北区堂島2-1-5サントリーアネックス1201
 河内厚郎事務所内
 大阪センチュリー交響楽団を応援する会

FAX:06-6345-8272

これからも引き続き、皆さんにより良い演奏を聴いていただくために、署名へのご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。
また、ひとりでも多くの皆さんのご協力を仰げればと願っておりますので、お知り合いにも上記のページのことを、どうぞお知らせくださいますよう、あわせてお願い申し上げます。



どうか、よろしくお願い致します。
あきこ
(2008-04-10 19:42)
上記にございます、
「こちらのページ」のURLです。
http://osaka-century.sakura.ne.jp/
ここで用紙がダウンロードできます。

是非、ご署名お願い致します。
あきこ
(2008-04-10 20:02)
3月23日 和光市文化センターの「悲劇的序曲」にまた感動しました。ドラマティックに迫ってきて本当にオーケストラってかっこいい!!
私の席の周りでも、演奏が終了したとたん「すごい」「すごいね」の言葉が漏れていました。
チラシになかったプログラムでなんだか得した気分(笑)

マーラーの「巨人」はいろんな楽器が旋律をリレーしているようで、今鳴っている楽器はどこにいるの?と探すのが楽しかったです。
さわやかなピアノの音色も素敵でした。まるでマシュマロみたいでした。(へんな表現かな?)

あのころは桜が本当に咲き初めで、ホールの近くの桜がちらほらと花を開かせていましたが、今ベランダから見える桜は散り際でそのときと同じくらい花を残しています。早いものです。(というより私が書くのが遅いのかも)

では次の機会も楽しみにしています。
またラジオにも出演して下さい。お話楽しかったです。
saori
(2008-04-14 15:46)
ところで、2月に演奏されたベートーベンの4番はCDには録音されていないのですね。是非またどこかで演奏してください。

とても目が覚める楽しい演奏でした。どこかスリルみたいなものも感じられて、、

ラジオで曲が紹介されたときは、あ、あの曲!!とうれしくなりました。

贅沢なお願いですが、いつかCDも出してくださいね。

では
一般市民より。。
saori
(2008-04-14 16:05)
演奏会情報だけでも、どこかに掲載していただけたら、嬉しいのですが。
ま、自分で調べればわかるといえばわかるのですが…。

韓国で演奏会だそうですね🎶
頑張ってください!

はちべい
(2015-11-03 20:35)
お誕生日おめでとうございます!

たくさんの人の音楽の扉を開いてほしいです。シンプルにそれだけやけど、それって聖響さんの原点ではないのかな…。止まったまんまのこの棒振り日記やその前のブログで、私はそれが聖響さんの喜びやと感じとったんですが、違うのかな。神様から与えられた賜物だと、思うのですが
どう思われますか?
(2016-01-12 23:56)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/41932033
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。