武満徹:弦楽のためのレクイエム[練習]

シティフィルさんと3年振りの共演。前回は大晦日のベートーヴェン交響曲全曲演奏会でお邪魔した。今回は武満、ラフマニノフ、チャイコスキープロ。武満氏の「弦楽のためのレクイエム」は独特の響きがある。学生時代に小澤先生・ウィーンフィルの練習に立ち会っていたときに氏がお亡くなりになったニュースが入り、先生がとても落胆されていたことを思い出す。「参った参った」と項垂れておられた。急遽、小澤・VPO定期でこの弦楽のためのレクイエムを演奏することになった。練習の朝、オケ全員の黙祷後、「武満の世界」が学友協会に響き渡った時を思い出す。あの時の空気感が今でも忘れられない。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。