マーラーの「復活」[音楽]
大フィルさんと「復活」の練習中です。大規模な交響曲で、内容は1番の比較にならないほど(失敬)密度の濃い素晴らしい作品です。この曲を演奏するに当たって、考え事をしていたときに思い出した事がありました。

15歳の時、小澤征爾先生をテレビで拝見して、僕は指揮者になるんやー、と決心したきっかけになった番組で先生が振っていらした曲、実はこの「復活」だったんですね。最終楽章のコーダがあまりにも強烈だったことを忘れていた事実にまず驚いた。おい、忘れんなよ、こんな大事なことを。長年眠っていた記憶の箱の中身が勢いづいて溢れ出て、その当時の出来事などがありありと蘇ってきた。あの頃の自分は自分があまり好きじゃなくて、でも、マーラーは大好きで、小澤先生も大好きで、音楽が好きで好きでしょうがなかった。

あーええこと思い出したなぁ、と喜んでいる次第です。ある意味「復活」ですねぇ(笑)
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。