R0011928.jpg

最後のPKが入った瞬間に涙が出ました。歓喜するパラグアイ、うなだれる日本。06年と比較して様子が違うなぁと感じたのは、映像で見える限り選手たちの結束力が強く、一緒に戦えたことが本当に嬉かったんでしょうね、この後プレイが出来ないという現実が目の前にあり涙していた姿に心打たれました。全4試合、勢いがあり、泥臭く守りきったのは立派でしたね。球際が弱かったり、個々の技術が世界レベルに達していなくても、チーム一つになると実現できることが沢山あることを世界に証明してくれました。オーケストラも一緒です。勉強になりました、本当に。

大会前は岡田監督さんやチームが迷走してるようで、メディアも多くは取り上げずに、正直あまり盛り上がらないまま始まりましたね。自分も玉木さんと「今回はどないなるんやろなぁ、テストマッチがあかんかったから、予選敗退やろなぁ」と言ってたことを恥じたいとおもいます。すみませんでした!!!疑っていたことを心から謝罪致します。

W杯はこれからが面白いのですが、やはり代表が負けたことは今もショックですし、さみしい。これでJリーグを見るのか、となるとなかなか興味を持って見ることは難しいかもしれませんが、オシムさんが仰った通り、日本サッカーを取り巻く環境を改善するためにも、僕たち聴衆が率先して勉強して、サッカーの質の高い世界を知ることが大事なのでは、とおもいます。昔サッカーをやっていたので、それなりに解っていたつもりですが、これから更に勉強していきたいです。フットサル、やろーかなーw

日本代表の皆さん、関係者の皆さん、日本全国の皆さん、本当にお疲れ様でした!この悔しさは4年後にはらしましょう!
凄いやん、日本代表。デンマークに3−1勝利。勝ち点6で堂々と決勝進出。立派だ!凄い!ブラボー!サッカーはチームスポーツであることを再認識。岡田監督のインタビューに感銘をうけました。オーケストラもそうです。裏方さんたちを含めて、良い演奏会が実現できます。神奈フィルと過ごした1年間を思い出しながら試合をみて、なんだか感涙してしまった。セットプレーからシュートを決めた本田&遠藤選手も素晴らしかったけど、松井選手がやっぱりすごかったなぁ。。。最後の1点も岡崎へパスを出す前の本田選手の動きもかっちょよかったなぁ。。。決勝第一戦目は6月29日(23時日本時間)で相手は強豪パラグアイ。楽しみです!!!がんばれ日本!
IMG_0137.jpg

はじまりました、ワールドカップ2010。中田選手が引退した4年前のドイツ大会から、オシム監督就任あたりは個人的にかなり盛り上がりました。残念ながら偉大な監督が倒れ、岡田新監督になって2年半、現在のチーム状況をメディアや親善試合、W杯予選などをおいかけながら見守っていましたが、今ひとつ惹き付けるものを感じなかったのは事実です。どういうチーム作りがしたいのか、なんだかぼやけた感じで理解ができなかった。

4大会連続出場し、初めて昨日、初戦を勝ちました。立派なことだとおもいます。結果が全ての短期決戦。カメルーンが草サッカー的にむちゃくちゃな状態だったとはいえ、勝って良かった。そして結果を出せた事実はこの4年間どういう状況であったにせよ、もうどうでもいいわけです。もちろん5年後、10年後の日本代表がどうなるかは誰もわからないけど、勝てたという事は凄いことです。一つ勝利したのは本当に大きいんだなと思います。これが自信になり、少しずつ積み重ねていってほしいです。そしてまた謙虚な気持ちで格上のオランダとデンマークと向き合ってほしいなと思います。

まぁでも、トラップはボールを相手に渡すのではなく、足下に止める動きのはずなんですけどね。。。頼むわ、もうちょっと個人技うまくならんもんやろか(汗)あと、本田君くらい身体がみんな強くてバランスがよければいいのにね。ばったばた倒れたり、足下にあるボールさばきの悪さにいやな汗かきます。。。DFたのむよーー

ちなみに、今年はオランダかアルゼンチンが優勝するんちゃうかと予想しています。不思議なマジックを持つ偉大な(?)監督の下、メッシの大活躍を期待しますw

なにはともあれ、W杯はやっぱり面白い!!日本も韓国代表もしがみついてがんばれ!
ichiro wbc getty.jpg
From the Getty Images

日本代表、優勝おめでとうございます!最後の最後でやはりこの人が打ちましたね。あの場面であの打席に立っていたイチロー選手の強運に脱帽です。持って生まれたもの、持たされたものを最大限に引きだし、最高のレベルで能力を開花し、結果を出し、世界中を魅了しました。素晴らしいの一言です。

日本中に期待されそして、その大きな重圧に応えた選手達に喝采を送りたいです。10回表のセンター前ヒットを見た時に、涙が出そうになりました。何か得体の知れない力を感じた瞬間でした。

9回裏の韓国の攻撃にもゾクッとしました。最後の最後まで諦めない精神力と集中力。ほんとうに今日の試合からたくさん勉強させていただきました。選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

明日から僕も、気合い入れて頑張ります(笑)

もうすぐ4月がやってきます。日本では新しいシーズンの始まりです。そして何よりも僕が常任をつとめることになっている神奈川フィルとの新しい歴史が始まります。皆さん応援宜しくお願いいたします!!!
長いシーズンが終わりました。ファンとしては同じ日に今シーズン最後の日がくるのはとても寂しいですし、悲しい気持ちになりましたが、これもまたスポーツの世界の厳しさです。選手の皆さん、本当に本当にお疲れ様でした。また来年を楽しみにしています!

ABC第三弾が終わり、次の東京シティフィル、九響、そしてOEKブラームスチクルスの準備に追われております。ほぼ毎週間隔を置くことなく一気に突っ走らなければいけないので大変です(汗)異なった相手とプログラムが続く場合は、頭の切り替えが難しいものです。先輩の阪哲朗さん曰く、切り替えの方法は別の楽譜を読むこと!らしいのですが、僕は頭の中がごっちゃごちゃになるので、丸1日音楽を考えない時間を持って、頭の中を完全にクリアにするようにしています。もちろん完全消去は不可能なのですが。。。今回は演奏会の後、中3,4日で次の練習が始まるので、移動日も含めてうまく切り替え出来るように頑張ります。

夜は肌寒くなってきました。皆さんご自愛くださいませ。
たくさんのスポーツ選手が引退していく中、清原選手ほどファンに愛された選手はいなかったのではないでしょうか? 先日の引退セレモニーを見ながら思いました。そういえば僕たちの世界って「引退」がないかも。。。命絶える瞬間まで音楽をしていられるかもしれませんが、クラウス・テンシュテットやラファエル・クーベリックのように自ら身を引く音楽家もいらっしゃいますね。僕はまだまだ先になりますが、いつ辞めても惜しまれて辞めていかれるようになっていたいものです。

清原選手、23年間本当にお疲れ様でした。そして数多くの感動をありがとうございました!
今日が閉会式ですね。4年に一度の最高の舞台で、素晴らしいパフォーマンスが繰り広げられましたね。どの種目も魅力があって、つくずく人間って凄いことできるんやなぁと思いました。僕が一番感激したのは朝原さん率いる男子400mリレーの銅メダルでした。本当におめでとうございます!ヨメサンと二人で見ていて、じんわり泣けちゃいました。あぁ凄かったなぁ。。。そしてもちろん圧倒的に強かった男子100m&200mのボルト選手。女子ソフトボールの金メダル、惜しかった女子サッカー、とても残念だった日本野球。。。韓国の全勝優勝は見事でした。たくさんの元気とエネルギーをいただきました。選手の皆さん、本当にお疲れさまでした!
タングルウッド音楽祭へいった1995年に野茂英雄さんがアメリカへ渡ってきた。ボストンにいた僕はレッドソックスファンだったけど、31年ぶりの日本人メジャーリーガーの誕生に驚愕し、遠い西海岸にあるLAドジャースのジャージやTシャツを買っては誇らしげに着て、ケーブルTVのスポーツチャンネルでもNOMO特集をおいかけたものです。なんだか自分事のように嬉しかった。

94年に行われた232日間ものストが物語るように、当時のメジャーリーグは様々な問題を抱え、TVの視聴率も当然のことながらヤンキースやジャイアンツなどのビッグクラブ以外の年間集客率は低く、空席が目立っていた。オーナーや連盟がファンのためのベースボールを目指したのはちょうどこの後。野茂選手が、95年にアメリカにトルネード旋風を巻き起こし、そしてその年のオールスターで開幕投手になったころから、MLBは復活の道を歩み出した。

それから10年の月日の間、野茂選手は6つの球団で活躍。戦力外通告を受けても、テスト入団をしたり、契約してくれるところを見つけては二軍からはい上がってきてメジャーのマウンドへの拘りを見せ。96年と01年にはノーヒットノーランを両リーグで2回達成。しかし05年から怪我が原因で思ったような成績を上げられず、メジャー球団からのオファーも途絶えてしまった。そしてタンパベイで投げた19試合を最後につい先日引退を表明。

どこも獲ってくれるところがない。やり残したことがある、と言いながらも、自分だけの中途半端な気持ちでやっても迷惑をかけるだけ、と野茂選手らしい発言をされている。

昔からインタビューに答えるときは、ほとんど笑顔がなく仏頂面。良いときも悪いときも波が無かった。いや、あったとしても表情に表さなかったといったほうが的確かもしれません。これは仕事ですから、といわんばかりの淡々とした姿に、もうちょっとなんかあるやろ、とテレビ前で苦笑しながらも、稀に見せるハニカんだ顔が妙に印象に残り、そんな人柄を素敵だと感じていました。

日本の野球、そしてアメリカの野球を全うした野茂選手、夢を与えてくださって本当にありがとうございます。そして、お疲れ様でした。
急性脳梗塞で倒れられたようです。。。とても心配です。
4連勝素晴らしかったですねぇ野球 チーム力が明らかに違いました。そして松坂、岡島両投手は本当に強運の持ち主たちです。MLB1年目でWS優勝なんて奇跡ですよー。僕は嬉しくて、Tシャツと帽子をずっと被っていますw
3連勝。それも日本人初の勝利投手。素晴らしい1日でした。こうなると、次の3試合負けてもらって、ホームでの第7戦が観たい!となるのですが(笑) 松坂選手、最高に近いピッチングでしたが、彼以上に素晴らしかったのは岡島選手だったと思います。連戦で今日の登板はないだろうと思いきや、監督の信頼が厚いんですね、僕は思わず「おー」っと思わず声をあげてしまいました。シーズン中66試合も投げて心身共に疲れ切っているのだろうけど、そんな素振りも見せず、切れの良いチェンジアップで三振を取り続ける姿に、身震いしました。HRを打たれた後に抑えきったところが凄い。プロが真剣に戦っている姿を観られる事って幸せですね。4連勝で優勝なるか?w もう少し多く試合が観たい気もしますが(汗)
地区優勝!次はプレイオフ!

亀田戦は複雑だったけど、勝ちは勝ち。次にスッキリする試合を見せて欲しいですね。

オシム監督の選んだ13人+5人は楽しみ! 日程的な問題は来年からぜひ解消して頂きたいところ。監督もメンバー選びに苦労なさったようだが、協会には出来る限りの努力をしてもらいたいなぁ。今後のチーム作りに期待したい。

先日、ロッテ対ソフトバンク戦を観戦。試合前のセレモニーでシエナと演奏をした。ヴァレンタイン監督にお会いしました。想像通りの笑顔が素敵な紳士的&アメリカ的なお方でございました(笑) 

スタジアムでは球団職員さんたちには大変お世話になりました。お気遣いありがとうございました! ロッテの試合前と試合中のアトラクションは面白いですよ。色んな意味で徹底しているところが素晴らしいと思いました。

全英女子オープン、日本勢苦戦中ですね。なかなか向こうでは結果が出せないでしょうけど、特に宮里選手にはがんばってほしいです。今年からアメリカへ渡り、毎週新しい環境での試合は過酷だと思いますががんばってほしいですね。マルちゃんや今田選手にも。最近男子が静かですもんねぇ。 全英男子で5位タイを記録した谷原選手にはこれから注目ですね。

追記: バレンタイン監督のブログに先日の模様がアップされています。http://www.bobbysway.jp/

イタリアサッカーの不正疑惑での処分が発表された。ユヴェントスが2部降格に、去年の一昨年のスクデット剥奪。強烈な処分です。ラツィオ、フィオレンティーナも2部降格。ACMilanは降格ではないが、欧州CLへの出場権を剥奪。各クラブは処分に不服な場合、一定の期間内に裁判所へ上訴できるそうだ。

どうなるんだろうか。。。イタリアの優勝は素晴らしいものだったが、クラブチームに戻った選手たちに待ち受ける現状は厳しいものだ。

ジダンがしゃべりましたね。本当かどうかは定かではないけど、FIFAはきちんと当人たちの事情聴取をして、出来る限りの公に出来ることはして頂きたい。今般については「言葉の暴力」に対する規制を設けるべき時代にきたということだと思うのです。ただ、なんでもかんでも枠やルールを決めないと、常識的な言動が出来ない現代人って問題あるよなぁ。。。サッカーというgameの中では頻繁にあるごく普通のことらしいが。度が過ぎるとああなってしまうんだろうな。でも、暴力&報復はいかん。やっぱり。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/index.html

名選手の切ない幕切れ。理由は相当なものだったことは、行動を見ればわかったけど、最後まで我慢して欲しかったと思ったのは僕だけじゃないはず。同時に人間臭さを感じて、今回のW杯を通じてジダンというフルパッケージを見せてもらってなんだか不思議な気持ちになりました。若干複雑な想いは残るけど。

力をつけたドイツやポルトガル、世代交代後のフランス、イタリアが今後どうなっていくのか、そして2年後のユーロ2008が楽しみです。

フランスーイタリアの決勝を明日に控え、今夜は3位決定戦。カーンが出場するらしい。ベスト16からフランスの戦いが際だって見える。ジダンの凄さを改めて感じる。今回のW杯、これまでの大会と比較にならないくらいトップチームの能力向上を見て取れる。個人の技術とチーム戦術が高い次元で融合しているチームが残ったという印象。順当とも言えるが、やはり歴史なんだろうか、サッカー王国のブラジルにも越えられないなにかをフランスは持っていた。そして若さと勢いだけでは勝ちきれない何かがW杯にあることをドイツーイタリア戦に感じた。イタリアはW杯前にリーグ内での不正疑惑など問題が山積したままだが、邪念を振り払ってイタリアを選手たちがどういう戦いを見せてくれるのかが楽しみだ。余談だが、スクデットを獲ったユーヴェが優勝剥奪及び3部リーグへ降格処分が決まるかもしれない。。。他にもACMilanやフィオレンティーナなども降格処分対象である。とんでもないことだ。確定した場合、多くのスーパーな選手たちが海外へ流出することになる。これからの動向に目が離せない。

兎に角、明日の凄い試合を心待ちにしながら、本番気合い入れて振ってこよう。

日本を代表するMFの潔い引き際に一瞬驚くも、心のどこかでやっぱりな、と感じさせる言動があったのは事実。ついにこの日が来てしまいました。サッカーファンとしては残念至極。

本当にお疲れ様でした。こちらこそ、THANK YOU!と言いたいですね。「英雄の生涯」はまだ終わらない。これからの中田英寿が楽しみです。

サッカーを見ていると本当に勉強になります。素晴らしい試合の連続で夜更かししてしまいます。まぁこれも4年に一度ですしね(笑)

ドイツーアルゼンチン、イングランドーポルトガル、イタリアーウクライナ、そしてブラジルーフランス。ベスト8に勝ち上がった国々ですが、ベスト16で強く印象に残った試合がフランス戦でした。ジダンのラストW杯という事で話題になっていますが、フランスは2002年W杯で屈辱的予選敗退を喫し、98年W杯優勝国としての威信をかけて再登録されたベテランたちが多い、平均年齢が高いチームです。やはり経験なんでしょうか、堂々としたボール回しで無敵艦隊スペイン相手に素晴らしいマッチを魅せてくれた。先制されてからも全く焦ることなく、とにかく走り続けチャンスを作っていた。同点弾を決めたのは、若手のリベリー。アンリがマークされていたのを逆手に取り、持ち前のスピードでスペインDFの裏をとって一気にシュートまで持って行ったのはさすが。そして、やはり地味ですが素晴らしい動きをしていたのがジダン。最後の最後でだめ押しの3点を取った時のゴール前での切り返しにシュートは一流でした。なんだか異常に感激してしまいました。ジダンの立ち姿、玉際の強さ、絶好調時の輝きが試合の最後まで持続したことが凄いと思った。

とにかく白熱する試合の連続です。最後の最後まで走り続ける強豪チームの選手たちを見て、これからの日本代表に同じ事を期待してしまう。何が足りなかったのか、彼らや協会が今回のW杯を振り返り、新しい体制の中で修正していくのでしょう。8月9日は最初の親善試合。今から楽しみです。

僕が尊敬する中田英寿選手がW杯直前のマルタ戦直後のインタビューで、チーム全体が走らなさすぎる事を漏らしていた。走らなければサッカーにならないと警告していた。彼自身走ることが好きでは無いと言う。でも、走る事は基本。その基本に最後まで忠実に、ぶっ倒れるまで走り続けたのがヒデだったような気がする。

オシム監督は就任直後、ジェフ千葉の選手たちに仰ったそうです。
「休むな。走って、走って、走りまくるのだ。君たちはプロだから、休むのはサッカー辞めた時でいい」 新制オシム・ジャパンは走り負けないチームになってくれることを期待したいです。そして中田選手に2010年のW杯に出て欲しいと願うのは僕だけではないと思う。

やり残したこと、沢山あったと感じているのは選手たちだろう。悔しいと思う気持ちは、もちろん同じレベルでは無いけれど僕たちファンにもあります。その気持ちを4年後の大会に繋げようとする姿を陰ながら応援し、見届けたいと思います。

ドイツは予選の勢いのままスウェーデンを圧倒。アルゼンチンはメキシコに延長戦で勝利。イングランドはエクアドールに渋い試合運びで1−0の勝利。そして戦争のようなポルト、オランダ戦は退場者を2人ずつ出すも、1点を守りきったポルトが勝利。凄い試合でした。勝つためには何でもする、とにかく点を取ったら守りきる。守りながらも追加点を取りに行く攻撃的姿勢がある。オランダにも惜しいチャンスは山ほどあった。最後まで諦めない姿勢は素晴らしい。観ていて気持ちよかった。 今夜はイタリアーオーストラリア、そしてスイスーウクライナ戦だ。

オシム監督就任がほぼ決まりそうですね。どんなメンツを収集し、どういう采配を振るうのか楽しみです。

同点!前大会ベスト4の意地を見た。最後まで走ってましたねぇ。見ていて気持ちが良かった。今回もあっと驚くような試合を見せてくれています。力ありますね、韓国は。明暗がハッキリと分かれた日本は。。。 FWはあそこまでのお膳立てをもらって決めなかったら、一体何を決めるんでしょうかね?(苦笑) 試合後、中田英寿選手の悔しそうなコメントや表情を見ていて残念でした。彼が98年に出てきたとき、現役時に日本が強豪相手にベスト8いや、もっと上を狙えるかもと希望や期待があったのですが。

監督も仰ってたけど午後3時の試合は問題ありますね。誰が決めたんでしょうねぇ?「サッカーはビジネスになった」と監督のコメントが物語っているように、大人の事情があったんでしょうか。兎にも角にも予選最後の試合を残すのみです。個人的にはなんだかわからんけど応援したくなるガーナ頑張れ!!(笑)

なんと初出場ガーナが強豪相手に2−0の完勝!終始スピードで圧倒していた。運動能力が高く最後まで足が動いていたのはやはり暑い気候に慣れているせいだろうか。初戦3−0と圧勝したチェコは精細を欠いていて、最終ラインはバラバラ、幾度となくGKのファインセーブに助けられていたが下手すると5−0でもおかしくない試合だった。ガーナの決勝進出もかなり現実的になったかもしれない。

さて今夜が待ちに待った日本対クロアチア戦。勝つしかない一戦、全てを出し切って勝ち点3をもぎ取って欲しい!

日本−オーストラリア戦。後味の悪い負け方。次のクロアチア戦、絶対勝利しないと決勝へ望みはない。最後の10分で形勢逆転、サッカーの恐ろしさを見た。切り替えて、最後まで諦めずに戦って欲しい。頑張れ日本代表!

いよいよ開幕ですね!今回もまた盛り上がると同時に、欧州開催ですので全国的に睡眠不足になりますね(笑)皆さん体調に気をつけて頂いて、気合いで観戦しましょう。
読響さんとは今日も充実した練習でございました。パワー満載のオケとの格闘(?)は楽しいものです! 明日が最終日。きっちり仕上げて本番に挑みます。

追記:
開幕戦、バラックが本当にベンチスタート。W杯直前は情報戦なのだが、今回は本当なようだ。中田英寿選手のが自身のサイトで今日メッセージがアップされている。興味深い内容です。

明日は本番。3日目の練習も上機嫌で終わり、気持ちよく本番を向かえます。pianoのコーネリア・ヘルマンさんはウィーン在住で、僕の師匠を知っていた。他にも僕の友人とつながりがあって、狭い世界だなぁと思った。とっても素晴らしいピアニストです。センスあるし、ごく普通に当たり前の事を当たり前のようにやる。和声的に気持ちの良い、そしてファンジー溢れる演奏を聴かせてくれるでしょう。

さて、ドイツ戦だ!見るぞ!w

バルサが優勝。朝まで見てしまったが、凄い物を見せてもらった。前半19分あたりで、ドイツ代表GKレーマンがFWエトーにゴール前でファール。レッドカード一発退場という波乱。一人少ないアーセナルだったが、キレのあるリュンベリとアンリが素晴らしい動きで、とても10人で戦っているとは思えなかった。だが、後半残り15分頃からアーセナルの足が止まる。豪雨の中の試合、相当スタミナ消耗が激しかったはずだ。そこから1点選手されたバルサが一気に逆転。手に汗握る試合で、大満足だった。

マーラー9番、1938年のワルター・ウィーンフィルを久々に聴いているが、驚くほどヴィヴラートが少ない演奏だ。この当時の現実を聞くことができる。今更驚愕の事実ではないが、やはりそうだったのか、と戦前から戦時中の演奏習慣は以後の物とは違うものと聞き取ることが出来る。透き通った音で耳に心地よい。テンポも速めに設定され、流れがよくウィーン的なアゴーギク。戦後の演奏ってのは、あらゆる慣習を崩壊したんだなと感じる。全てを否定するわけではないが、演奏ってこうあるべきだなと願う。古典から20世紀前半までの演奏習慣をきちんと見直していくべきですよね。

春ですね。開幕です。MLBも「野球」も。今年はどんなシーズンになるのか楽しみです。音楽の世界も4月は新シーズンの始まり。桜の季節はいいですね。久々にジャズを聴きながら休日をエンジョイしています。4,5日は欧州CLの準決勝。夜遅めですがライブで見るぞ。DH氏来日。今週は盛りだくさんです。

2006-04-03 10:31 この記事だけ表示

WBC日本代表は素晴らしいチームでした!!練習の合間の休憩にTVで観戦していました。チーム一丸となって勝利へ向かっていく姿勢や気迫に感激でしたね。準決勝も凄い試合でしたが、決勝はさらに素晴らしいものでした。いやーこれでまた野球が盛り上がってくれると良いですね。

どんな業界でも大人が真剣に戦っている姿を見せていれば、未来を担う子供たちは必ずついてくると思います。そして何よりも楽しそうに、している選手たちを見て感銘を受けた人たちが多いんじゃないでしょうか?? 僕もその一人です(笑) 僕たち音楽家もがんばらんといかんなあと再確認した日でした。日本代表の皆さんご苦労様でした。そしてありがとうございます!

準決勝が熱い!! 日本は奇跡的な出場、韓国は実力で予選リーグ1位。面白い試合です。さーどうなるか。

14時現在: 凄い試合だぁ 福留のHRから怒濤の勢い。役者が全員仕事してる感じですね。韓国残念!

14時20分:イチロー選手、素敵すぎます。やっぱりプロの中のプロは違うわ。上原選手のピッチングありきの試合ですね。かっこよすぎ。韓国はすごい選手ばかりが集まったチームですから、日本の決勝進出は誇れるものですね。あともう少しだ。個人的には若干複雑ですが、まぁ、日本も韓国もよー頑張った!

14時30分:実況中継みたい。降雨中断。あと2回で終わり。日本が勝利したわけじゃないんですが、どうなるんでしょうねぇ ちなみに3回にファインプレーをした横浜の多村選手がソロHRで6−0に。

試合終了。素晴らしい試合でしたね。決勝はキューバ。
ドミニカとの対戦を見られなかったのは残念ですが、良い試合を期待しています。上原、福留と多村選手、はやくアメリカへいってほしいですね。今日のピッチング、HRそしファインプレーはいいアピールになったでしょう。

強かった!!圧勝でした。勝ちたいという気持ちが全面に出て、容赦なく振ってくる全員の姿が勇ましかった。素晴らしい投手陣に文句なしの打線。阪神ファンとして見ていて辛い、と当時に凄いと感じるチーム。圧倒されました。阪神には来年頑張ってもらいましょう!日本一はまたお預けですが、常勝出来るチームであることは間違いありません。

パ・リーグの2連覇はセ・リーグとして考えねばならぬこともあり、プレイオフ制度導入や日本シリーズまでの時間(今回は16日間のお休み)など、プロ野球機構には特に来年へ向けて制度見直しを計って頂きたいと思います。ロッテは勢いで勝ったと言われますが、僕はそう思いません。素晴らしい監督のもと、やる気満々の選手たちが気を緩めずにやることをやったまでの事だと思います。シーズンを通してやり続けた彼らの精神力と体力に脱帽です。バレンタイン監督、そしてロッテの選手の皆さん、なによりも優勝を31年間待ちわびたロッテファンの皆さん、おめでとうございます!!

うーん、厳しい。二年前と同じだ。阪神の地元優勝が無くなった。昨日の敗因は安藤だけにあるわけではない。逆に彼は踏ん張った方だと思う。問題は1回に起きた。ツーアウトからなんでもないサードゴロを打ち取り無失点に終わるはずだった。サード今岡が1塁手前に悪送球したのが大きな敗因だと思っている。ああいうなんでもないプレー一つ一つの積み重ねなんじゃないのか?あれには正直頭に来たと同時に「あーやっぱりな」とシーズン中に気になっていたことが起きたのが残念だ。短期決戦だから小さなミスが流れを全て変える怖さがあるというのに。次の試合でHR3本打って7打点上げたとしても前の試合で負けたことは変わりない。ミスををバッティングで帳消しにすると言うが、日本シリーズではそんな悠長な事は言えないはずだ。そして勝敗が積み重なって最初に4つ勝ったものが優勝する。甲子園に戻り、気合いの3連勝を見たい。選手会長には自覚を持って欲しいものだ。
個人的にはヴァレンタイン監督のファンです。素晴らしいお人柄です。

親友の結婚披露パーティに出席していたので試合は見られませんでしたが、大敗を喫したようですね。それも2年前の第1戦と同じ投手で敗退。明日は安藤で勝ちますよ。それにしてもウチのエースはどうなってるんだ、、、と思った方は多くいらっしゃるでしょう。僕も残念ながら同感です。大舞台で結果を出してこそ真のエース。その名を汚さぬよう次の登板では良いピッチングを見たいものです。しっかりせんかい、井川! 厳しい負けを受け止めて明日勝って地元に戻り連勝を期待します。阪神がんばれ!

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。