P1000110.jpg

皆さん明けましておめでとうございます。2011年もよろしくお願い致します!旧年中大変お世話になった皆様には、この場をお借りしてお礼申し上げます。今年は皆様にとって最高の1年になりますように!今年もまたマーラー三昧です。今月から5月までお付き合い頂きます。2012年に1番を演奏してミニチクルスを終えることになります。5月の9番まで一気に突っ走ります。グスタフ・マーラーという人物そして彼の残した偉大な音楽を体験できる素晴らしい機会だとおもいます。CDやDVDで聞くのも良いことですが、生の演奏会に足を運んで頂き、音圧を感じて頂くことで音楽の神髄に触れることできると思います。聞くだけでなく体験する世界です。是非ともコンサートホールへご来場くだださい。神奈川フィルと共に最高の演奏をお届けすることをお約束致します。

今年はベルギーとの時間が増えるのが楽しみです。次回は2月末にブラームス4番、そして5月には幻想交響曲を演奏致します。ベルギーはご飯が美味しく、人も穏やかで最高ですよ。ブルージュやブリュッセルは春先が気持ちよいらしいのです(まだ未体験)。アンサンブル金沢とは演奏会が少ないのが残念ですが、今年は大阪でのシリーズなどを予定しています。シエナとも文京区との繋がりが出来て、シビックホールの定期演奏会があり、夏にはツアーを予定しています。今年も盛りだくさんの1年ですが、気を引き締めて音楽に奉仕する気持ちを忘れずに、一つずつ丁寧に演奏していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

まずは風邪を治さねばなりませんね(汗)皆様もご自愛くださいね。よいお正月をお過ごしくださいませ。
IMG_2077.jpg

欧州から帰国後、時差ボケを解消しつつ都響さんとの新宿第九が終わり、数日間の準備期間を経て兵庫入り。HPACと4日間練習。明日から3日連続本番です。HPACへくると必ず思うのが、音楽にどっぷり浸かれること、コアメンバーのみんなが一生懸命なこと、ゲストとして来て下さるプロオケのゴージャスなプレイヤーたちが普段の職場とは違う環境で気持ち良く音楽をしてくれることです。良い時間です。兵庫のお客様たちは皆さん温かくて、今日もオープンリハに来て下さった500人以上の定期会員さんたちと少しお話することができましたが、皆さん熱心に僕たちの演奏を聴いて下さって、そして僕の拙いお話に耳を傾けて頂きました。有り難うございました。

ドボルザークプロは演奏し甲斐のある内容の濃いものです。交響曲第7番は作曲者がブラームスの3番を聴いて感銘を受け書いたと言われています。謝肉祭もコンチェルトも、チェコの香りと響き満載の曲たちです。お楽しみくださいませ!
R1003309.jpg

数日間のミュンヘンは有意義でした。DHの本番が聴けたり、美味しい和食屋さんで関西風のうどん(結構いける)やお鮨を食べることができたり、思いがけない人たちに再会したり。。。最終日はヴァイオリニストで以前共演したことのある佐藤俊介君と合流。電車の出発時間までランチ&コーヒーでお話。バロックバイオリンの勉強でパリからミュンヘンへ引っ越ししたそうな。バロックを弾く事で新たな発見が沢山あったらしく、かなり興奮気味に色んな事を教えてくれました。勉強になったー!そう、モダンにも大きく影響するし、楽譜の見え方もまた変わるんよなぁ。うんうん、納得。

4時間半(2回乗り換え)の電車の旅を満喫?してコンスタンツに到着。練習二日を終え明日本番です。がっ!ソリストのリプキンさんがなんと指の負傷で急遽キャンセル。午後の練習はなくなり、明日の朝の練習に代役の若いチェリストがベルリンから来る。いきなり合わせして、夜本番です。楽しみ。こういうのは緊張感があって良い。バッチリやりますよ。昨日オケだけドボコン練習しててよかった。コンスタンツは湖の側にある素敵な街。天気が今ひとつ(また雨ですよ、皆さん。期待通りでしょ)ですが、しゃーないわ。この時期の欧州はどこでも雨!てことにしておきましょう。

練習初日後に10年ぶりの再会をしました。学生時代にウィーンで一緒だったファゴットの児玉光生君!いやぁほんと久しぶりだった。なんと今回僕が振っているオケ(南西ドイツフィル)に年間の半分演奏する契約でいるらしく、今回の演奏会は乗ってないのが残念でした。ゆっくりランチをしてお話できました。ウィーン時代からそのままこっちに残って、ドイツの色んな街のオケでやってきている超ナイスガイです。一生懸命生きているのが励みになりました。みつお、お互いがんばろう!

26日の本番後はミュンヘンに戻り1日だけゆっくりして帰ります。しかしミュンヘン、ええなぁ。。。
R1003254.jpg

今日はオーディションでした。バス・トロンボーン。8人のうち2人は残りましたが決定打がなく、先のプロジェクトで二人とも招聘すること事になりました。人生を賭けてきている連中。みんな緊張してた。でも、若くて元気の良いプレイヤーが沢山いてこれからが楽しみに感じました。役員さんたちのミーティング、来年度の企画やプログラム、古株の団員さんたの処遇などなど、沢山の問題を一つずつ解消していく話合いが設けられました。演奏会以外にも責任沢山あり、ギュっと身の引き締まります。オケのシェフであることの重みを感じる毎日です。コンサートは3回は終わり、引き出しの中身がどんどん増えていくのが手に取るようにわかります。本番中にオケのメンバー全員と目があう。気持ちが良いです。明日の本場も楽しみです!
気づけばもう10月末。。。いつも時間が早く流れることばかり言っているが、ほんとにせわしないなぁ。ゆっくり、本を読んだりすることが出来ないまま、もう今年も残すところ二ヶ月か。11月一杯は海外。数年前から色々とプランを練ってやってきたことが少しずつ実りつつある。ベルギーにドイツ、楽しんできます。良い時間にしたいです。

とにかく環境作りが全てです。オケの頭を張ることってのは、団員さんたちが良い演奏をするための環境を作っていくことが最優先だなと、つくづくおもう。生きることも同じかな。環境によって人はかわる。否応なしに変わっていく。周囲の人たちに対して、どれだけ思い遣りをもって接することができるか。損得なしに。一生の課題やね。旧友、新しくできた友達たち、先輩や後輩たち、仕事仲間、親戚、そして両親。。。感謝の気持ちばかりです。ほんまにありがとう。

さぁ明日はシエナと池袋で本番です。いいよ、シエナ。最高。いつも。今回もありがとう。もらってばっかりやなぁ。明日は最高の本番にしますよ。
IMG_0135.jpg

日本の新シーズン開始は4月。欧米では9月です。僕が首席指揮者として就任させていただいたフランダース交響楽団のシーズンがスタートしました。神奈川フィルとは明日からはじまります。10日の定期演奏会の練習初日です。一番緊張する日。その前日である今日は、朝から落ち着きません。緊張するのはいつもの事ですが、定期演奏会は数少ないので特に気合いが入ってしまいます。気合いが入ると一生懸命になるので、あーでもないこーでもない、と余計な事も含めていろいろ考えてしまいます。しかし、無駄なことは一つもないので、こういう緊張の時間は貴重だと思っています。

楽譜の最終チェックを朝からやっています。気がつけばお昼。午後は少し頭をスッキリさせるために、軽食を食べた後に運動をして少しお昼寝をします。夕方から再度スコアと向き合う。毎日こういう時間の積み重ねが、楽しくもあり、音楽家としてしっかり生きているな、という実感ができる瞬間です。
IMG_0081.jpg

今年の夏は暑いですね。お盆前になってようやく少し涼しくなりました。このまま秋が来れば最高なんですが。4日のシューマンプロが終わり、夏休みです。不義理していた友人や仕事仲間にあったり、ゴルフにいったり、山積みになった本や楽譜の整理などなど、やることは沢山あります。22日に神戸で仕事がありますが、それ以外は9月の神奈フィル定期(ドン・キホーテ)までゆっくり出来ます。秋もぼちぼち忙しいのと、フランダース交響楽団の振る「以外」の仕事なども9月以降からはじまるので、対応するための準備などあります。主に来年度のプログラムなどですが、これが何かと時間がかかります。

8月一杯は勉強&充電。オケの裏方たちと「減量レース」をやっているので、健康的に身体を絞って、痩せてみようとおもっています(笑)松本へ師匠や下野のコンサート聴きたいなぁ、とかやりたいことは色々あるのですが、時間はあっという間に過ぎてしまいそうです。

9月の予定は以下です。10日(金)神奈フィル定期、翌週に横浜市の鑑賞会、18日(土)には都響・鎌倉芸術館公演
26日(日)は関西フィルさんとのチャイコフスキーシリーズ第二弾、最後の週はまた横浜市の鑑賞会です。中身が濃いプログラムばかりなので、しっかり準備して挑戦したいと思います。

ゆっくり出来る今を満喫して、じっくりと先を見据えて過ごそう。皆さんも休息と水分補給を怠らずに、夏を楽しんでくださいね。
IMG_0704.jpg

今回のハノイ、8日間の滞在でした。5日練習、2日本番。高温多湿の環境は日本でも同じですが、アジア独特の空気を感じました。人の多さ、特に若い人たちが目立つ街。戦争の爪痕が至る所にあり、帰国後数日間たった後も、いろんな事を考えさせられる貴重な時間でした。今も尚、結論がわからないこと、どう感じるべきか、どう整理すべきか、解決できていないことが沢山あります。時間を追って答えが出てくることもあるだろうし、次回行ったときにわかることもあるかもしれません。ご飯は美味しくて、物価も安く過ごしやすい環境でもあるなと思いましたが、交通事情に驚いたり、社会性や人と人の距離感など、同じアジアでも異国だなぁと感じることも多かった。でも、やはり最後は、真っ直ぐで健やかな心を持った人たちが沢山いることを認識する瞬間があって、素直に嬉しかった。

オーケストラと過ごした5日間の練習、そして2回の本番については8月号の「音楽現代」にコラムを書かせていただいたので、読んで頂ければ幸いです。ま、ここにも、もう少し時間をおいて書いていこうと思います。

写真は滞在3日目の朝です。ホテルの前が大洪水になるほど朝方から集中豪雨が降り午前中の練習がキャンセルになりました。今回、沢山写真を撮ることができませんでしたが、まとめてFlickrかどこかにアップしようとおもいます。

とにかく、とても不思議な国でした。。。

今回の滞在で大変お世話になった先輩の本名徹次さん、そして大澤夫妻にはこの場でお礼を申し上げたいとおもいます。本当に何から何までありがとうございました!とても楽しい時間を過ごさせていただきました。感謝申し上げます!またお会いすることを楽しみにしています。二年後、またお伺いできればとおもっています!
毎日暑いですね。ベトナムより帰国し、すぐに神奈フィルの練習に入りました。24日が本番です。音楽堂シリーズの最後はメンデルスゾーンの名作、交響曲第3番「スコットランド」がメインです。シューベルトのチャーミングな交響曲5番も素敵。しかし、Twitterをやっているとブログの更新が滞ります(汗)

ベトナムの気候は凄かったですが、日本も負けていないです。湿度はそんなに高くなくても、紫外線の強さと気温の高さは半端じゃないですね。この中で先日ゴルフをしたのですが、体感40度以上あったような気がします。夏のゴルフははほどほどにしないと熱中症もありますからねぇ。皆さんも水分補給をこまめにしましょうね。では、24日にお会いしましょう!
GW前からガッツリ連日お仕事が続き、佐渡さんの「題名のない音楽界」の撮影が終わり一息。佐渡さん、13日に49歳の誕生日。その日にベルリンフィルを振る事を発表。自分ごとのように嬉しくなった。小学生からの思いが実現されるところが佐渡さんぽくて良い。強く願う事で必ず夢が叶う。バーンスタインが佐渡さんに言ったそうです。出来るかな?どうかな?と自分に質問をした時点で、答えはNO。僕はこうなる!と決めて、そして突き進む。本当に素晴らしい事です。佐渡兄さん、本当におめでとうございます。来年、聴きに行ければいいなぁ。。。
+++++++++++++++++++++++++

Twitterがおもしろい。iPhoneとの親和性にも毎日感激。iPadに注目。SIMフリーではないのが少し残念だけど、やはりSoftbankからでますね。予約殺到で受付してないようですが(汗)
いままさにUSTREAMで孫正義さんと佐々木俊尚さんの対談やってます。もう4時間以上です。孫さん熱く語られてます。国を思う気持ちや志。。。共感することが多いことを仰っています。僕らのような音楽家が、この国の人々に何が出来るのだろうか、と考えます。大きな大きな課題です。
月末はマーラー「復活」です。楽しみです。3番、もう一度演奏したいなぁ。。。
R0011504.jpg
Photo with Ricoh GRDIII

5月3日から金沢のラ・フォル・ジュルネ2010が始まります。僕は3日に昼と夕方の二公演に出演します。是非とも皆さんご来場くださいませ!シューマンの回は特に素敵ですよ。あまり演奏されないシューマンのオペラ「ゲノヴェーヴァ」序曲と交響曲3番のラインです。人気のメンデルスゾーンも素敵ですが、シューマンのおもしろさは格別です。

今日の午前中は僕が練習、そして午後はOEK音楽監督の井上道義さんがメンデルスゾーンの3番を練習されていました。細部にわたってこだわりがある道義さんの本番は、軽井沢と東京でも聴くことができますよ!

image-201004101125943.png

昨日の音楽堂シリーズ第二段が終わり、今年度がスタートしました。来週はトヨタさんスポンサーのコンサートがあり、そしていよいよマーラー3番の定期。すでに緊張気味ですが、万全の準備をして挑みます。

桜がまだまだ綺麗なので、スコアを持ってぶらっと散歩もいいですね。花粉と先週抜いた親不知と割れた歯の治療の影響があり、鈍痛が残っています。オケの練習で激しく動くと血圧が上がってキツイですが、気合いと薬で乗り切ります!
R0011616.jpg

我が神奈フィル主席チェロ奏者・山本裕康さんのブログに「トンカツ論」が4日間にわたって記事になっている。この3月を持って閉店した「睦巳」に先日、食べに行きました。実はここには通算で2回しかお邪魔していない。最初は今月12日、伝説のロースカツを頂いた。そして26日にヒレカツ(写真)量が多くて、でも味が繊細で、全てが言葉で形容できないほどの美味さ。うまいのはカツだけではない。丁寧に炊かれたご飯も、具だくさんのお味噌汁もだ。うまいもの、を通り越した何かがあるトンカツでした。

たった2回だけど、大将に喋ってもらって、ちょっとだけ仲良くしてもらえた。今後はどうするの?の質問にしっかりと答えてくださって嬉しかった。ここでは教えられないけど、とても素敵な目標をお持ちでした。店を改装したきっかけや、今後の事を熱く語ってくれたときに、泣きそうになってしまった。堪えたけど。心ある人の言葉はズンと重く響きます。

偶然にも店を始める前に、僕のウチの近所で会社勤めされていたらしく、近くにあったトンカツ屋に通ったそうな。だから、おしながきはその当時の通い詰めた店と全く同じにしたそうです。先日、その店の前を通ったら、仰っていた通りだった。今度食べにいこうと思います。

大将、27年間お疲れ様でした。2回しかお会い出来なかったけど、楽しい時間を本当にありがとうございました。ごちそうさまでした。今度はお玉を持って、ウチのオケをに遊びにきてくださいね。
やっとこアプリが出たので、使ってみる。
image-20100388124007.png
やっぱりiPhoneは便利ですね!
おはようございます!今日、FMサウンド☆クルーズ NHK FM 18時〜19時(横浜81.9MHz)に生出演します。お暇な方はきいてくださいね
R0011431.jpg

雨量が多いと聞きました。今月は特に各地でよく降ってますね。今年に入って金沢へいくことが多いせいか、冬を満喫しています。県立音楽堂が金沢駅前にあるので、周辺をうろうろすることが多いのですが、ビルの合間を雪が真横に降ったりして、凄いことになります。

しかし今年の冬はなんだか欧州ウェザーですねぇ。。。ジトッとして気圧が低くとにかく底冷えする感じ。嫌いではないですが、太陽を拝めない時間が長くなると、つらいものです。人間は日に当たってなんぼですからねぇ。

今月に入って好きなゴルフも1回のみ。こうも忙しいとなかなか出来ません。身体が少しなまってきているので、部屋でストレッチやバット素振りなどやっています。定期的にスポーツマッサージの先生に自宅へ来て貰い、「まるで登板後のピッチャーのような腕と肩 だね」と笑いながら施術していただいています。

週末にソニーフィルさんの練習、そして3月頭から神奈フィルと本番が続きます。皆さんとは3月3日の川崎、そして3月6日の音楽堂シリーズでお会いしましょう!
P1010177.jpg

最近iPhoneユーザーが激増しましたね。僕の周囲でも使用されてる方が一気に増えました。最初は皆さん戸惑うようですが、一度使い慣れてしまうと手放せなくなります。初代iPhoneからのヘビーユーザーですが、Twitterを始めてから更に使用頻度があがりました。親和性がとてもよく、画像や動画との連携などiPhoneの優秀なところが活用できて楽しいです。主に仕事のメール観覧と手短なお返事(長文はさすがにしんどい)メモ書き、つぶやき、スナップに利用しています。アプリの量がたくさんあって凄いことになってますが、いじり倒すほど時間がないので、休みが出来たときにまたゆっくりやろうと思います。それまでまた優秀なアプリが山ほどあるんだろうなぁ。

GR SNAPS2という写真集にお恥ずかしながら1枚出させていただきました。以前GRistでお世話になったリコーのF森さんに声をかけていただき、僕の拙い写真を載せていただきました。感謝申し上げます!!GR最高です!
先週のお話です。関フィルさんを初めて振らせて頂いたのが、何かのガラコンで2000年あたりだったでしょうか。その後、2005年あたりに超絶技巧ヴァイオリニストであり、親愛なるパトリツィア・コパチンスカヤとチェロのソル・ガベッタとの共演がありました。あの頃も感じていましたが、皆さんいつもひたむきで、一生懸命です。「音楽しよう」という意識がとても明るく前向きで、僕はそんな皆さんの姿勢が大好きです。

今年からABC主催、新年の新世界を皮切りに(今年で10回目だったんですよねぇ)、チャイコフスキーのシリーズをやることになっています。関フィルと僕の共同作業を楽しみにしていますし、お客様にも楽しんでいただきたいです。

+++++++++++++++++++++++++

最近Twitterの方でつぶやいているので、こちらはゆったりといかせてもらいます(というか、今までもそうだったけど)
いまさきほど40歳という年齢を迎えました。ただ、それに気づいたのは夜中1時前。実はミサソレの勉強に没頭していて、まったく気づかず。ヨメサンは僕の周りをうろうろしていたそうなのだが、それにも気づかず(笑)僕が勉強中は絶対に邪魔をしないので、声をかけなかったらしい。まぁ、そんなわけで、40歳になった今、実感ゼロ。昨日買った本の中に、10歳引いて考えると余裕が生まれるとあったので、まずは鵜呑みにして生きてみようと思う。

しかし、何歳であろうが、音楽に対しては真っ直ぐに、そしてとにかく勉強あるのみ。良い50代、60代を過ごすために40代をどう歩くのか(走るのか?走らされるのか?)考えてみます。必死に生きているうちにあっという間に50歳になってしまうんだろうなぁ。そんなことも、すべて楽しみながら、家族を大切にしながら、自分の時間も少し持ちながら、社会の中での自分の役割を果たし、「本当の大人」の仲間入りが出来ればと思います。

そうそう、世の中の40歳の方々、これからどうしますか?40代を終えた方々、どんな時間を過ごされましたか? そしていままさに40代まっただ中の方々、今どんな感じですか?いろいろお話聞いてみたいなぁ。


ミサ・ソレムニスはベートーヴェン後期の大作で、1823年頃に完成されました。40代から難聴が激しくなり、53歳の頃には何も聞こえていないわけです。とんでもないことです。音の無い世界で生きた時代に生み出された、多くの偉大な作品を演奏させて頂いていますが、ミサソレほど痺れる曲はありません。ベートーヴェンが人生の終わりに近づき、死を意識し始めた時に、ここに行き着いたのかもしれません。あくまでも想像の世界ですが。

13日から練習です。神奈フィルと一緒に記憶に残る演奏にしたいと思います。

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。旧年中はまた沢山のかたにお力添えいただきました。本当に感謝申し上げます。2009年は色々ありました。がむしゃらに走って、気づけば年を越していたようにも感じます。神奈川フィルの常任のポジションを頂き、OEKのポジションを頂き、初めてのベルギーでの公演がありました。OEKとはベートーヴェン・チクルスの録音を終えることができました。盛りだくさんの1年の中で、多くの皆さんに演奏を聴いて頂けて幸せだったなと思います。

2010年という年は自分にとって節目であるのは以前から感じていました。今年で僕は40代に突入します。人生の半分?と昔はいっていたけれども、120歳まで生きる予定なので三分の一でしょうか。節目には身体や精神の変化が起きる時期でもあります。自分に与えられた責任や試練を、一つ一つ向き合って全うしたいと思います。充実の日々を過ごすために、とにかく勉強あるのみです。

皆様にとって最高の1年になりますよう、お祈り申し上げます。

2010年 元旦  金聖響
R0011175.jpg
Photo with GRDIII
At Brussels Airport

日本へ帰って参りました。こっちの方が寒いやん。ベルギーでの3週間は一言では言い表せないくらい楽しかったです。良いオケ、素敵な人たち、暖かいお客さん、食事もそこそこに美味しくて(厳しい?)なかなか充実した時間を過ごせました。これから頻繁にいく国の一つになりました。

しかし一つだけ残念なことが。。。ブリュッセルの市内にはゴルフショップが一つもなく、ゴルフが盛んではなく、郊外には素敵なゴルフ場が沢山あるそうなのですが、国民レベルで受け入れられておらず非情に寂しい思いをしました。そういえばベルギー国籍のプロ選手はきいたことがありません。そんなわけで、ゴルフの環境を探すべく次回渡欧するときは、模索したいと思っています。

今日は我がKPOとの練習でした。6日に本番です。皆さん多忙な11月を過ごして少々疲れ気味でしたが、きっといいコンサートになるでしょう。池辺晋一郎先生プロデュースです。
ブリュッセル、ブルージュの2公演が終わりました。明日から2公演連続、そして録音です。本番と本番の間が空いている(あきすぎ?)ので、時間を持て余していますが、両親も日本から駆けつけてくれたので、久しぶりに家族水入らずの時間を過ごしています。

先日、ある日本食レストランへいきました。街で評判の創作系和食で大変美味しくいただきました。そこで驚いたことがありました。なんと、隣のテーブルに先輩指揮者である大野和士さんと奥様がいらっしゃったんです。

いやーほんと驚きました。ブリュッセルは決して大きな街ではないし、日本食レストランは数多くないですが、たまたま出会うにしてはタイミング良すぎ、とお互いびっくり。大野さん最近Lyonのお仕事が多いようですが、ブリュッセル在住だそうです。欧州各地への移動など、何かと便利なんですよとおっしゃっていました。

しかし狭いですねぇ、世の中。こちらはあと1週間足らず。良い本番と録音にして帰国します。帰ったら、月末まで一気です。。。ふぅ〜がんばるぞ。
といっても、まだ暑いですが!気がつけばもう9月。8月半ばのみんなのオーケストラも無事終わり、前後はゆっくりさせていただきました。「みんオケ」楽しい本番だったなぁ。普段演奏会で子供たちと接することがないので、貴重な体験でした!

先日佐渡さんのコンペがあり、楽しく参加させていただきました。3位&ベスグロを頂き満足。音楽もゴルフも地道にやっただけ結果が出るものだと確信。進歩はゆっくりだけど、必ず報われると信じて、楽しみながら毎日をがんばります。

秋のシーズンもスタート。今月から怒濤の予定をこなすことになります。スケジュール表を見るとめまいがするのですが(笑)体調管理だけ気をつけて、乗り切りたいと思います。

まずは今日から楽しみにしていたシティフィル定期の練習です。皆さんとは11日にオペラシティでお会いすることになります。すぐに神奈フィル(KPO)と藤沢で本番が13日に。練習1日なのですが、集中力を高めていきたいと思います。その後は横浜市が主催する音楽鑑賞会が連続であります。1日2公演は久しぶりです。

まだまだ暑いですが、皆さんもたくさん食べて、あまり冷たいものを飲んで体を冷やさないでがんばってください!
34年前、僕が5歳だった頃、七夕の日に母が笹の葉を買ってきてくれた。生まれて初めて願い事を書いて、飾り物をたくさんつけて居間に飾った。大きな笹の葉、かっこよくて、ずーっと眺めていた。2、3時間がたったころ母が「そろそろ流しにいこうかぁ」といった。え?流す?何を?どこへ??

そう、川に流しにいくわけですが、僕には全く理解ができなかった。なんでなん?こんなきれいな笹の葉を川に流すなんて。。。流すと願いが叶うとか、いみがわからない。川縁にいくと、同じように流しにきた家族がちらほらいて、僕は「あぁそうなんや」と納得したくなかったけど、黙ってその光景を見守っていた。

そしてそのときがきた。僕はなんで?なんで?と言いながら泣きじゃくった。ただただ悲しくて、さみしくて、泣きまくった。

何年たっても、あの笹の葉とのお別れの瞬間は忘れられない。月明かりに照らされた川はすごくきれいで、ざーっという川の音が耳から離れない。流れに乗って、きれいに着飾った笹の葉がどんどん遠ざかっていく映像が強烈な印象として目に焼き付いていて、いまでもこの時期になると思い出します。

今日は僕が尊敬するグスタフ・マーラーの誕生日。うちのオケでは「巨人」の練習が始まっています。ゲスト指揮者のゲッツェルさん、前回の登場でウチのオケには大好評。すばらしい定期演奏会になること間違いありません。10日の演奏会には伺えないのですが、遠く金沢から爆演になることを心から祈っています。あぁ聴きたかったぁ。。。

っていつものことですね(笑)金沢です。大阪経由してきました。その前はもちろんウチのオケの定期。更新する時間的余裕なく今日に至ります。いまもすでに夜中3時前。。。明日からOEKと録音なんですが。。。時間はいくらあっても足りません。KPO定期、辻井伸行君、センチュリー公演、OEK録音、書きたいことは山ほどあるのだけど。。。今週また更新します。

とりあえず、暑いですね。

ちなみにクローズアップ現代での伸くん、最高でした。凄い20歳だ!!!!!未来の共演がかなり楽しみです。
シエナツアーもラスト3公演。昨日はほぼ地元の大阪府箕面市での演奏会でした。僕は池田市生まれ。家族でアメリカへ移住するまで、池田、宝塚、そして神戸に合計14年住みました。親戚も池田に住んでおり、引っ越しした後もよく宝塚線にのって遊びにきたもんです。なんだか懐かしいなぁという気持ちで箕面に入りました。

不思議なもので空気がむかしと変わらないような気がしました。あの感覚ってなんなんでしょうね?(笑)20年たっても、かわらない。

会場はインフルエンザの影響もあり、完売はしなかったけれど、沢山のお客さんと一緒に大盛り上がりできて、大満足でした。

これだけ長いツアーも実は、演奏家になってはじめての経験です。最高で5〜6公演だったかな。。。ペース配分などもあまり考えないでいますが、一つ一つの演奏会を大切に、シエナ共々全力で演奏しています。これだけの数のコンサートをさせていただけるのは本当に幸せです。

今日はこれから岸和田公演です。そして明日が姫路。ラスト2公演、皆さんと一緒に最高のステージにしたいと思います!
昨日今日と神奈川フィルをあらゆる方面から支えて頂いて、そして応援して下さっている、神奈川県と横浜市の関係者の皆さんにご挨拶することが出来ました。お忙しい中、大変貴重なお時間を頂いたことを感謝申し上げます。これからもご指導ご鞭撻のほどお願い致します。いやぁ、喉がかれるほどたくさんおしゃべりしてしまいました(笑)

オケも僕も、存在を神奈川県の皆さんに認識していただいて、そして今以上に強く求められる存在になるために努力せなばならないと感じた次第です。良い音楽を提供することで、地域に貢献していかれたらと思います。

神奈フィルは20日の定期演奏会に向けて猛練習中です。マエストロ・小泉和裕さんにこってり練習していただいておりあす。今日は午後に挨拶回りが終わったあとに、保土ヶ谷へいきご挨拶。お元気そうでした。バルトークのオケコン、良い感じで仕上がってきているようです。しかし難しい曲だ。実はまだ振った事がない曲なんですよね。

僕の神奈フィル登場はちょっとさきの4月になります。僕も楽しみにしていますが、皆さんも期待していてください!
指揮者という「お仕事」に携わってから正確には何年たったのかな。どこから「プロ」として活動しはじめたのかちょっとビミョウですが、僕の記憶が正しければ1996年にポルトガルのコンクールの最高位を頂いてから、ちょうど1年たって大阪でデビューさせて頂いたときかな、と。ということは、デビューして今年で13年目ってことですね。節目の10年ってところで、何もしなかったなぁ(笑)ま、それだけ過密かつ充実した時間を過ごしていた、ということだったのかも。

実は3月一杯まであるオペラ公演の練習&本番が大量に入っていたのですが、諸事情あり延期に。この事実を知ったのが確か去年の夏でした。僕らの業界は仕事が決まるのがとても速くて、1年以上なんて当たり前。そんなわけで、半年前に延期になった穴埋めはなかなか出来るはずもなく。。。ここ数ヶ月の公演数が少ないのは上記が理由です。

というわけで、この時間を有意義に過ごさねばと、4月から就任が決まっている神奈川フィルとの打ち合わせ、スタッフとの初顔合わせ、今後の公演の詳細を詰めたり、新しい体制作りといいますか、色々とあるわけです。有り難いことに僕たちを取材してくださる媒体がたくさんいらっしゃって、勝手な思いこみかもしれないけど、期待されてるなぁと感じています。

玉木さんと出させていただく新しい本の打ち合わせが秋から今月まで合計6回あり、毎回4〜5時間脳みそを絞られて、帰宅時はふらふらしながらも、有り難い時間やなぁと喜びをかみしめております。

2月の頭から金沢、そして沼津でシエナが続くのでその準備もしながら、大好きなスポーツ観戦(生じゃないですよ)でテレビに食いついたり、秋から年末にかけて忙しかった分、読めなくて山積みになった本たちを読んだり、カメラで風景を撮影したり、毎日欠かさずやっているストレッチ、そして極寒の中でもレンジへ球を打ちに行ったりもしています。

充実した時間の中で感じる、世の中の動き。なんだか、世知辛いことが多くて切なくなりますね。でも、元気の出るニュース、凄いなぁと声をあげて手を叩いてしまうくらい驚くような出来事に出くわすこともたくさんあるわけで、とにかく毎日なにかしら「感じる」ことを大切にしたいですね。

朝青龍、やっぱり凄かったなぁ。世の中では色々言われてるけど、僕は昔から彼が大好きです。でも、カッツポーズは辞めた方が。。。あ!そういえば僕も去年の7月にしてしまった記憶が。。。(汗)
昨夜の大統領就任式、記憶に残る演説でしたね。Era of reponsibility... 選挙中のYes we canというスローガンは無く、世界に責任を問うという、現実と向き合う姿勢を促す言葉にかわっていました。大国のリーダーとしての責任、これまでの政権に対する批判も含めて、就任の挨拶にしては明るく前向きというよりも、思慮深く誠実で重い言葉が多く、感銘を受けました。米国は、世界は全力を挙げて、この新しい大統領を守って欲しい。そしてこれから迎えるであろう厳しい時代に備えて、僕たちがそれぞれの「責任」を果たしていくべきだなと感じました。人の上に立ち、そして職務を全うする厳しさを再認識し、身の引き締まる思いでした。頑張るぞ!
R1002759.jpg

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

今年はまず4月から、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任致します。新たな挑戦となりますが、とても楽しみにしています。また同4月からスタートするシリーズにてOEKさんとベートーヴェン交響曲の録音を終える予定です。一つずつやるべきことをこなし、どんな演奏会でも聴衆の皆様に満足していただけるように精進致します。

今年が皆様にとって最高の一年となりますよう、お祈り申し上げます。

元旦 金聖響
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。